きれいな歯のためのデンタルローン

きれいな歯のためのデンタルローン

昔、歯磨き粉のコマーシャルで「芸能人は歯が命」なんて言っていましたが、歯が命なのは芸能人ばかりではありません。
虫歯や歯槽膿漏などで歯がなくなってしまったら、満足に食べ物も食べられず、病気になってしまう可能性もあるのです。
歯をいつまでも健康に保つには歯医者に定期的に行くことが重要ですが、場合によっては高額な治療費を請求されることも。
高額な治療費に対応するため、「デンタルローン」というローン商品があるのですが、今回はこのデンタルローンについてみていきましょう。

 

治療費は結構かかる

歯医者で治療をすると、通常は健康保険の適用を受けられます。
何割かの自己負担をするだけで、残りはすべて国などが負担してくれるため、実際の負担額はさほど多くはありません。
ただし、一部の歯科治療においては保険が適用されずに、全額自己負担となるのです。
代表的な治療とその目安となる金額は、以下のようになっています。

  • インプラント → 1本約30万円〜50万円
  • 歯科矯正 → 1本約60万円〜150万円
  • セラミック製の詰め物 → 1本約1万円〜5万円
  • セラミック製の差し歯 → 1本8万円〜30万円

インプラントとは、あごの骨に穴をあけて、あけた穴に歯を差し込む施術です。
インプラントに限らず、上記の治療代を全額自己負担しなければならないのです。
しかも、1本だけとは限らず、本数分掛け算されることになります。

 

歯科治療とクレジットカードの相性はよくない

「高額な買い物をするときにはクレジットカードを使う」、そんな人も多いでしょう。
確かに、家電量販店でテレビや冷蔵庫を買うときには、それでもいいかもしれません。
しかし、歯医者さんでクレジットカードに対応しているところは、さほど多くはありません。
歯医者は開業医が多く、医療機器に莫大なお金がかかるため、クレジットカード端末などにはお金をかけません。
よって、高額な治療費をカード払いするのはほぼできないのです。

 

カード払いができる歯医者で治療を受けたとしても、インプラントを何本も治療していたら、100万円単位での出費になりますので、かなりの出費です。
そうなると、カードの限度額をオーバーしてしまい、クレジットカードが使えなくなってしまいます。

 

デンタルローンなら高額治療にも対応

デンタルローンならば、高額な歯科治療にも対応してくれます。
デンタルローンを提供している業者は、信販会社と銀行が多いのですが、いずれも300万円〜500万円まで融資をしてくれますので、お金が足りなくなる心配はいりません。
デンタルローンの対象となる歯科治療も、「インプラント」「歯科矯正」「審美歯科治療」「その他歯科治療」と、高額な歯科治療をほぼ網羅していますので、安心です。
高額な治療をしていると、高額医療費控除という制度が利用できるのですが、デンタルローンももちろん制度の対象となっていますので、節税対策にもなりますよね。

 

高額な融資となると気になるのが金利ですが、それもさほど心配はいりません。
信販会社も銀行も、実質年率で5%程度の金利です。
返済回数もゆとりがあり、最長8年程度は返済年数を設定できます。
歯の治療をしているのに、返済がストレスになっては本末転倒ですので、これはうれしいですね。

 

申込方法ですが、銀行のデンタルローンの場合は銀行窓口が基本です。
インターネットから申し込める銀行もあります。
信販会社のデンタルローンは、歯医者さんの窓口で申し込みを行ないます。
申し込みをして審査の結果、融資可能と判断された場合、お金は歯科医院に直接振り込まれる場合と、申込者の口座に振り込まれる場合があります。

 

デンタルローンの注意点

そんな魅力的な注意点ですが、いくつか注意点があります。
まずは申込資格ですが、基本的には20歳から65歳までとなっています。
65歳以上で高額な歯科治療を希望する場合には、デンタルローンを利用できない可能性が高いので、注意しましょう。

 

また、基本的には仕事をしている人が対象となっていますが、専業主婦や年金受給者の方もデンタルローンに申し込めます。
ただしその際には、審査が厳しくなるとともに、連帯保証人を必要とするかもしれません。
これについてはローン会社によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。
もちろん、審査に落ちてしまったらお金を借りることはできませんので、ローンの目途が立たないうちに高額な治療をすると、あとで後悔をすることになります。

 

さらに、クレジットカードを取り扱っていない歯医者さんが多いのと同様に、デンタルローンを取り扱っていない歯医者さんも結構多いです。
そうなると、歯医者さんで信販会社のデンタルローンを申し込めませんので、銀行のデンタルローンを選ぶのが現実的です。

 

デンタルローンを使えれば、高額治療費も分割払いで負担を軽減できます。
心置きなく治療をするためにも、その前にしっかりとデンタルローンが利用できる環境を整えておきましょう。