「ノンバンク」の疑問を徹底解消!

「ノンバンク」の疑問を徹底解消!

お金を借りるとき、「ノンバンク」という言葉を聞いたことがありませんか?
もちろん、意味を知らなくてもお金を借りられますが、知っておいて損はありません。
より良いマネーライフを送るためにも、今回は「ノンバンク」を徹底的に解説します。

 

そもそもノンバンクって何?

ノンバンクを英語表記しますと、ずばり「non bank」となります。
直訳すると「銀行ではない」ということですが、これだけだと少し分かりにくいですよね。
ノンバンクとは、法律で定められた金融機関以外の金融会社の総称です。
「法律で定められた金融機関」とは、銀行や信用金庫、信用組合に労働金庫などのことです。
それ以外の金融会社をノンバンクというのですが、「法律で定められた金融機関」に共通しているのが、預金業務と為替業務を行なっている点です。
つまり、預金業務と為替業務を行なっておらず、融資を行なっている金融会社が、ノンバンクなのです。

 

ノンバンクにはどんな種類があるか

では、ノンバンクにはどんな種類の金融会社があるのでしょうか。
最も身近なノンバンクといえば、「消費者金融」でしょう。
個人向けに無担保の融資をしてくれる金融会社です。
個人ではなく、法人や自営業者、個人事業主に対する事業融資を行なっているのが「事業者金融」です。
ビジネスローンなどの商品展開をしています。
「信販会社」もノンバンクに該当します。
クレジットカード業務をはじめ、エステや教習所などでもローン融資などを行なっています。
個人向け融資の中でも高額な部類に入る不動産融資を行なうための「不動産金融会社」も、ノンバンクです。
信販会社のところでも触れましたが、「クレジットカード会社」もノンバンクに該当します。
「リース会社」もノンバンクで、購入した機械や設備などを貸し出すことで、リース料を得ています。

 

銀行とノンバンクの融資の違い

ノンバンクだけでなく、銀行でもお金を融資していますが、銀行の融資とノンバンクの融資では何が異なるのでしょうか。

 

総量規制の対象かどうか

お金を借りる際には、「総量規制」を無視できません。
総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りられない制度です。
例えば、年収600万円の人ならば200万円が借入の上限です。
しかし、銀行からお金を借りるのであれば、それが住宅ローンだろうと多目的ローンだろうと、カードローンだろうと総量規制の対象外です。
というのも、総量規制はもともと貸金業法の中で定められたルールなのですが、貸金業法は銀行に適用される法律ではありません。
貸金業法を管轄する法律は銀行法なので、総量規制は関係ないのです。
ノンバンクは比較的対象になるケースが多いですが、事業者向けの融資や住宅ローン、おまとめローンやクレジットカードのショッピングなどは、ノンバンクの融資であっても総量規制の対象となりません。

 

専業主婦が借りられるかどうか

消費者金融をさかのぼると、「団地金融」に行きつきます。
団地金融とは、団地で暮らす専業主婦などを対象に貸付をする会社ですが、昔から専業主婦は生活費の足しにお金を借りることが多いです。
専業主婦への対応も、銀行とノンバンクでは多少異なります。
銀行では金額こそ少なくなり、配偶者の同意が必要となるケースが多いものの、専業主婦でもお金を借りられる場合があります。
一方のノンバンクは、専業主婦に対してはほとんど融資をしてくれません。
尤も専業主婦でもクレジットカードは発行できますが、キャッシング枠は付かないと思った方がいいでしょう。

 

審査について

お金を借りる際には、必ず審査を受けなければなりません。
同じ人が同じ金額の融資を受けに銀行とノンバンクを訪れたとしたら、ノンバンクでは審査に通過するのに銀行では審査落ちする可能性が高いです。
それほど、銀行は審査が厳しいのです。
その姿勢は、個人向け融資よりも法人融資の際により顕著になります。
融資を頼んできた法人が税金の滞納があったり赤字に陥っていたりすると、銀行はまず融資をしてくれません。
一方のノンバンクは、赤字決済でも税金滞納でも、柔軟に審査をしてくれる場合があります。
審査や融資のスピードが早いのも、ノンバンクの特徴です。

 

金利の違い

お金を借りたら返済しなければなりませんが、元金だけ返済すればいいわけではありません。
元金以外にも、利息も合わせて支払わなければならず、その利息の金額を決定するのが金利です。
金利は、借りる金額が多いほど、カードローンの場合には限度額を多く設定されるほど、金利を低く設定される傾向があり、これは銀行でもノンバンクでも変わりありません。
ただし、同じ借入金額、同じ限度額で両者を比べてみると、銀行の方が低金利の傾向が強いです。

 

いかがでしょうか?
ノンバンクは銀行の融資と比べて、比較的利用しやすい傾向があります。
ノンバンクの特徴を理解して、銀行の融資とうまいこと使い分けるようにしてください。