ブライダルローンで納得の結婚式を!

ブライダルローンで納得の結婚式を!

一生の一度の晴れ舞台である結婚式、特に新婦にとっては自分が主役となれる良き日でもあります。
思い切って豪華で贅沢な結婚式にしたいけど、先立つものがなくて諦めていませんか?
そんなときには「ブライダルローン」をおススメします。
あまり聞きなじみのないブライダルローンについて、今回は見ていきましょう。

 

結婚式にはどれくらいのお金がかかるのか

ブライダルローンを知る前に、まずは結婚式にどれだけのお金がかかるのかを見ていきましょう。
なおここでいう結婚式は、挙式プラス披露宴で、ゲストを70名ほど招待した場合です。
「親ごころゼクシィ.net」によりますと、結婚式費用の内訳は以下のようになっています。

  • 挙式料:25.3万円
  • 料理・飲物(1人あたり1.8万円):124.2万円
  • 新婦の衣裳:45.4万円
  • 新郎の衣裳:15.8万円
  • 引出物・引菓子・プチギフト:35.1万円
  • ブーケ:4.8万円
  • 装花:17.5万円
  • スタジオ別撮り撮影:14.5万円
  • スナップ写真撮影:22.0万円
  • ビデオ撮影:17.4万円
  • 映像演出:7.0万円
  • 司会(プロに依頼):6.4万円
  • ブライダルエステ:8.8万円

これらを合計すると、約350万円と言ったところです。
食事や飲み物にお金がかかるのは仕方ないとしても、写真やビデオなどのお金が結構かかる印象ですね。

 

資金をどうやって調達しているか

350万円もの結婚費用、新郎新婦にとってはなかなかの金銭負担です。
新生活の前に無一文になってしまうかもしれませんが、どうやって資金調達をしているのでしょうか。
同じく「親ごころゼクシィ.net」によりますと、結婚資金の7分の3は新郎新婦の貯金、親からの援助とご祝儀で7分の2ずつ、という内訳になっています。
特に最近では、親からの援助の割合が増えているようです。

 

そもそもブライダルローンって?

日本ではあまり利用している人はいませんが、欧米では利用者が多いのが「ブライダルローン」です。
自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどと同様に、利用目的を定めた目的別ローンの一つです。
住宅ローンなどはかなり審査が厳しいのですが、それと比べるとブライダルローンの審査は比較的柔軟です。
結婚式を挙げるカップルは若いことが多く、今後収入増加も見込めるからでしょう。

 

ブライダルローンを利用するメリット

ブライダルローンを利用すると、一度にかかる負担を減らすことができます。
一度に350万円もの大金を負担するのは大変ですが、分割払いにして月3万円くらいずつ返済すれば、1回あたりの負担はかなり軽減されます。

 

結婚費用の全額をローンで組む必要はありません。
住宅ローンの頭金のように、一部を前払いで現金払いしておき、残りをブライダルローンで賄えば、利息負担も少なくなります。

 

最近は、こだわりの結婚式を希望するカップルも増えていますが、理想は高くてもお金が伴わなければそれも叶いません。
しかしブライダルローンがあれば、限りなく理想に近い結婚式を執り行うことができるのです。

 

いわゆる「おめでた婚」の場合、お金を貯める時間的余裕もないまま結婚式を挙げなければなりません
ブライダルローンは融資までの時間も比較的短いので、急な結婚式や直前の結婚式のアップグレードなどにも対応可能です。

 

ブライダルローンによって切り崩す必要のなくなった貯金は、結婚式、新婚旅行後に迎える新生活のためにとっておくことができます。

 

こんな人にブライダルローンはおすすめ!

以下のような人は、ブライダルローンを利用する価値がありそうです。

 

@こだわりの結婚式を希望する人

結婚式にこだわりを持つカップルは、様々なオプションを追加した結果、直前になって費用がアップしたなんて場合も。
ブライダルローンなら急な資金工面にも対応できます。

 

A親の援助を当てにしない人

親も生活に困っており、親からの結婚資金援助が当てにできない人もいますし、自立した人間の証としてあえて親からの援助を断る人もいます。
ただしお金はやっぱりないのです、そんなときにはブライダルローンです。

 

B前払いしか受け付けていない会場での結婚式

結婚式の費用の支払いは、原則として式の1週間前くらいに支払う「前払い」です。
後払いはあまり一般的ではありませんので、そうなるとご祝儀は支払いに使えませんね。
後々のご祝儀を先取りする形で、ブライダルローンを利用する価値は大いにあります。

 

ブライダルローンの注意点

そんなブライダルローンですが、いくつか注意点があります。

 

@利用目的に制限がある

目的別ローンは、利用目的を制限する代わりに金利を低くしています。
ブライダルローンの一般的な使い道は、「結婚式」「結婚指輪」「新婚旅行」です。
新居への引っ越し費用は、ケースバイケースです。

 

A未成年の利用が親権者の同意が必要

ブライダルローンもローンには違いありません。
未成年がローンを利用する際には親権者の同意が必要ですが、ブライダルローンの場合は親権者名義でローンを組めます。

 

B審査落ちの可能性も

審査が比較的柔軟なブライダルローンですが、100%審査に通るわけではありません。
勤続年数が少ない、収入が不安定、債務整理の経験有り、他社からの借入が多いなどの条件があると、審査落ちする可能性があります。