楽器をローンで購入する際の注意点

楽器をローンで購入する際の注意点

外国の映画などで、少年が楽器屋さんに並んでいるトランペットを、ショーウィンドー越しに眺めている、そんなシーンがあります。
それだけ楽器は値が張るものなのですが、果たして楽器はいくらくらいの値段がするものなのでしょうか?
そして高額な楽器を購入する際のローンについても解説をしていきます。

 

楽器別の相場はこれだ!

まずは、楽器別でどれくらいの値段がするのかを見ていきましょう。

 

バイオリンは1万円〜3億円!

クラシックの弦楽器の中でも花形と言える楽器が、バイオリンです。
バイオリンは小型なので持ち運びも結構楽で、人気が高いですよね。
気になるバイオリンの値段ですが、安い量産品であれば1万円くらいから購入できます。
ただし、本格的にバイオリンを演奏するアマチュアは、少なくとも10万円以上のバイオリンを購入しているようです。
さらに、プロのオーケストラなどに所属しているバイオリニストとなりますと、ゆうに100万円以上のバイオリンを使用しており、中には1000万円以上のバイオリンを使用している人もいます。
目安としては、500万円を越えるとかなり良質なバイオリンとなるでしょう。

 

一方で、1億円以上のバイオリンに関しては、もはや演奏のためではなく投資のためかもしれません。
ストラディヴァリウスなどの名器は、1億円以上の価格はくだらなく、価格はあってないようなものです。

 

弓の価格は本体の3分の1

バイオリンやビオラ、チェロやコントラバスなどの弦楽器は、弓を使って演奏をします。
本体ばかりに気をとられがちですが、弓の値段も結構します。
目安としては、本体の3分の1くらいの価格を弓にもつぎ込みますので、なかなかの出費ですね。
バイオリンの最も安い弓では1万円台、コントラバスは3万円台、チェロやビオラは10万円くらいからあります。
楽器の大きさと価格が比例していないのがユニークですね。

 

フルートは最高500万円くらい

フルートは金属でできていることから、バイオリンなどの弦楽器よりも高い印象がありますが、含まれている金属によって価格が大きく異なってきます
量産型はニッケルと亜鉛の合金が使用されており、5万円程度から購入できます。
一部のみ銀が使用されているフルートになりますと、量産型で10万円前後、手作りで18万円前後となります。
純銀製のフルートとなると一生ものですが、40万円くらいと意外とお値打ち価格です。
使われている金属が一部金ですと200万円〜、純金では500万円くらい、純プラチナですと600万円以上になります。

 

楽器ローンの種類

以上のように、オーケストラなどで使う楽器はかなり高額なものが多いです。
ギターやドラムセットは、さすがにそれよりは安いですが、学生が一括払いで購入できる代物ではありません。
そんなときに役立つのが、楽器のローンですが、楽器ローンには大きく分けて銀行のローンと信販会社のローンの2種類があります。

 

低金利、多い限度額が魅力の銀行楽器ローン

まずは、銀行が提供する楽器ローンです。
最近では、銀行の楽器ローンを利用する人が多いようで、その理由は低金利でしょう。
銀行のローンでは、金利が年10.0%以下のことが多く、決して安い買い物ではない楽器においては非常に重要な要素だからです。

 

手軽に申し込める楽器店のローン

もう一つは、楽器店で申し込むローンです。
かつて楽器ローンと言えば、こちらが主流でした。
中古の楽器店では取り扱っていないことも多い楽器ローンですが、新品を扱う楽器店では楽器ローンを取り扱っているケースが多いです。
楽器店で申し込むローンは、信販会社が提供しているローンで、銀行のローンと比べると多少金利が高い傾向にあります。
しかし、楽器店で商品を購入するついでに申し込めるので、手軽です。

 

楽器ローンの流れ

では、楽器ローンはどうやって組むのでしょうか。
ここでは信販会社の楽器ローンを例に見ていきましょう。

 

@ローンを取り扱っているか相談

まず、楽器店が楽器ローンを取り扱っているかを聞いてみましょう。

 

A申込書に必要事項を記入

楽器店で申し込む場合には、紙に記入することが多いです。
インターネットで申し込むタイプも最近では増えてきています。

 

B返済回数を決める

基本的に、返済は毎月1回行いますので、12回払いでしたら12か月間支払います。
住宅ローンでは頭金があった方がいいのですが、楽器ローンは特別高額な楽器でない限り、全額ローンで賄っても構いません

 

C審査

店頭で申し込みをすると、30分程度で審査結果の回答があります。
この際、ローン会社から本人確認のための質問がいくつかあります

 

D商品の受け渡し

ローンが正式に決まったら、ローン審査が完了後に商品を受け取れます。

 

ちなみに、楽器ローン申込の際には、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)、口座引き落としのための銀行口座、そして該当する口座の銀行印が必要となります。
申し込みの際に忘れないことはもちろん、書類の有効期限切れなどがないようにしましょう