消費者金融の過払い金には時効がある

消費者金融の過払い金には時効がある

現在、弁護士事務所や司法書士事務所では、テレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどで、「過払い金返還請求」を積極的にアピールしています。
最近、特にコマーシャルや新聞の折り込みチラシの量が増えてきたような気がしませんか?
実は、過払い金返還請求には時効があり、時効をもうすぐ迎える人が多いからなのです。
そこで今回は、消費者金融などの貸金業者の過払い金返還請求、その時効について徹底的に解説します。

 

そもそも「過払い金」って?

過払い金は支払いすぎた利息のこと

そもそも「過払い金」とは、消費者金融などの貸金業者に支払いすぎた利息を差します。
消費者金融などの貸金業者の貸付金利を取り締まる法律として、かつて「出資法」「利息制限法」の2種類の法律が存在していました。

 

違法金利で貸しても罰がない?

出資法は年29.2%以上の貸付金利を設定することを禁じており、これに違反した業者は刑事罰の対象となります。
一方の利息制限法は、借入金額によって年15.0%〜20.0%の上限貸付金利が設定されておりましたが、これに違反をしても罰則規定はありません。

 

つまり、年20.0%〜29.2%の金利で貸付を行なった業者は、利息制限法違反にはなりますが出資法違反にはなりません
よって、違法金利で貸付をしても刑事罰がない状態でした。
この「年20.0%〜29.2%の金利」を「グレーゾーン金利」と呼び、グレーゾーン金利分の利息を「過払い金」と呼ぶのです。
ヤミ金だけではなく、大手消費者金融でもグレーゾーン金利で融資をしている業者が数多くあり、社会問題となりました。
ちなみに現在では法律が改正されて、グレーゾーン金利は消滅しました。

 

過払い金は取り戻せる!

消費者金融などからグレーソーン金利で融資を受けた消費者も、泣き寝入りする必要はありません。
本来、過払い金は支払必要のない利息ですので、当然過払い金を取り戻す権利はあります。
過払い金を取り戻すべく、消費者金融などの貸金業者に返還を求めることを、「過払い金返還請求」といいます。

 

過払い金返還請求には時効がある!

しかし、過払い金返還請求をいつまでもできるわけではありません。
過払い金も「10年」が経過すると時効を迎え、返還請求しても戻ってこなくなります。
でも、10年と言ってもいつから10年なのでしょうか?
いくつかの事例を挙げて見てみましょう。

 

完済しているAさん

以前消費者金融からグレーゾーン金利で融資を受けたAさん、その時系列は以下のようになっています。

  • 借入:2001年7月1日
  • 完済:2006年12月31日

過払い金の時効は、最後に取引をした日から10年と定められていますので、2006年12月31日から10年後の「2016年12月31日」が、Aさんの過払い金の時効となります。

 

2回借りて両方とも完済しているBさん

同じく、消費者金融からグレーゾーン金利で融資を受けていたBさん。
Bさんは実は、間を空けて同じ業者から2回融資を受けていずれも完済していますが、その場合の時効はどうなるのでしょうか。

  • 1回目借入:1999年12月31日
  • 1回目完済:2000年12月31日
  • 2回目借入:2001年12月31日
  • 2回目完済:2006年12月31日

2回目の借入に関しては、Aさんと同じ完済日ですので、「2016年12月31日」が過払い金の時効となります。
しかし1回目の借入に関しては、2000年12月31日の10年後である「2010年12月31日」が過払い金の時効ですので、すでに1回目の過払い金は消滅しています。

 

間を空けずに借りたCさん

Cさんは、Bさんと同じく2回同じ消費者金融から融資を受けましたが、1回目の完済から2回目の借入までの期間が異なります。

  • 1回目借入:1999年12月31日
  • 1回目完済:2000年12月31日
  • 2回目借入:2001年1月31日
  • 2回目完済:2006年12月31日

1回目完済から2回目借入まで、1か月しかありませんので、これは連続した取引とみなされる可能性があります。
もし連続した取引とみなされれば、1回目の借入に関しても過払い金は「2016年12月31日」が時効です。
ただし、連続した取引とみなされるかは、期間だけではなく前後の契約内容なども判断材料となりますので、一概には言えません。

 

現在も借りているDさん

そして、グレーゾーン金利で消費者金融からお金を借りたDさんはどうなるのでしょうか。
過払い金の時効は、「最後の取引から10年」です。
1か月前に返済を行なっているとしたら、1か月前から10年後が過払い金の時効となり、返済していくたびに過払い金の時効が更新されていきます。

 

多くの人が時効を迎えつつある

そして、現在過払い金の時効を迎えつつある人が増えています。
その理由を時系列で並べるとよく分かります。

 

2006年:最高裁判所が過払い金の返還請求を全的に認める
2007年:貸金業法の改正が決まる

 

つまり、2007年が新規契約で過払い金が発生する最後の取引期間ということになります。
Dさんのように、ずっと返済を続けている人は別ですが、16年もの間消費者金融の返済を続けている人はなかなかいません。

 

いかがでしょうか?
過払い金は「最後の取引から10年」で時効になります。
そのことを念頭において、過払い金があるようでしたら弁護士や司法書士に相談しましょう。