フリーターも消費者金融の審査に通る

フリーターも消費者金融の審査に通る

いくらしっかり家計を管理していても、不意にお金が必要になる時があります。
収入の多い人であれば給料から貯蓄をして、困った時に貯蓄からお金を出すこともできるでしょう。
しかし、フリーターですとそれがなかなかできません。
消費者金融からお金を借りることも選択肢の一つですが、フリーターは果たして消費者金融の審査に通るのでしょうか?

 

申込条件はクリアしているか

審査以前の問題として、申込条件をクリアしていなければ門前払いです。

 

大手消費者金融ならば申し込みできる

大手消費者金融では、言い回しこそ多少異なるものの、「20歳〜69歳までの本人に安定した収入がある人」が申し込み条件です。
フリーターはNGとは書いてありませんので、申込条件はクリアしていると言えます。

 

銀行カードローンはケースバイケース

一方の銀行カードローンは、銀行によって条件が異なります。

 

「年収400万円以上」などと収入を申込条件に加えていると、フリーターの人は厳しいかもしれません
こういった条件を付ける銀行カードローンは、源泉徴収票などの「収入証明書」を要求するところが多く、嘘をついてもばれてしまいます。
そもそも、「フリーター、学生、専業主婦は申し込みNG」「給与所得者のみ申し込み可能」としているカードローンでは、申込できません。

 

とはいえ、多くの銀行カードローンでは、フリーターでも申し込み可能となっています。

 

フリーターでも消費者金融の審査に通過するポイント

では、フリーターでも消費者金融の審査に通過する可能性を上げるため、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

大手企業でアルバイトをする

消費者金融では、申込者本人はもちろんのこと、申込者の勤務先も審査の対象となります。
いくらフリーターとしてアルバイトをしていても、アルバイト先が名前も知らないようなところで、今にもつぶれそうな会社ではいつ収入が途絶えるか分かりません。
同じアルバイトをするのならば、有名な大手企業でアルバイトをした方が信用を得られますし、安定した収入も得られます。
家庭教師のアルバイトをするにも、個人契約を結ぶよりも大手の家庭教師センターに登録をして派遣された方が、消費者金融の審査では有利です。

 

離職率の低いアルバイト先を選ぶ

最近では、アルバイトを正社員と並ぶ主戦力としてとらえている企業もあります。
特に小売業にその傾向が見られますが、アルバイトへの依存度が高い企業の中には「ブラックバイト」の悪評が立っているところもあります。
ブラックバイトとは、過酷な労働環境の割、さほど時給がもらえない、嫌がらせが多いなどの特徴があり、当然ながら離職率も高くなっています。
申込者がブラックバイトの評判が立っている企業に勤務していますと、「この人もいつかはやめて収入がなくなる」と判断され、審査に通りにくくなりますよ。

 

限度額を低く希望する

限度額を多く設定されるほど、適用される金利は低くなります。
同じ10万円を借りるにしても、限度額が10万円の人と300万円の人では、300万円の人の方が低金利で融資してもらえます。
低金利で借りられるのに越したことはないので、フリーターの方の中には申込の際に、100万円や200万円の限度額を申請している人も多いのではないでしょうか。
しかし、限度額は返済能力(収入)を加味して決定されますので、あまり多くの限度額を希望すると審査落ちする可能性があります。

 

そもそも、消費者金融には「総量規制」の制度があります。
総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りられない制度ですが、年収120万円のフリーターの場合、どんなに頑張っても40万円しか借りられません。
100万円を申し込んでも、問答無用で審査落ちします。

 

源泉徴収票を任意で提出する

ほとんどのアルバイト先では、年末になるとフリーターの人にも源泉徴収票をくれます。
源泉徴収票はその年の収入や所得などが記されており、収入を証明する書類として重視されているものです。
消費者金融では、1社で50万円未満の借入額、もしくは他社も含めて100万円未満の借入額でしたら、提出書類は本人確認書類だけで大丈夫です。
しかし、任意で源泉徴収票を提出することももちろん可能です。
審査をする消費者金融側としても、収入を証明する源泉徴収票はあって困りません。
審査の通過率が上がり、限度額も少しアップする可能性だってあるのです。

 

お金に関する身辺をきれいにする

フリーターの方は、特にお金に関する身辺をきれいにしておくといいでしょう。
具体的には、以下のようなことに気を付けてください。

  • クレジットカードのキャッシングは極力利用しない
  • 借入件数を増やさない(3件まで)
  • 借りたらきちんと返済する
  • 使っていない消費者金融のローンカードは解約する

 

いかがでしょうか?
一般的には消費者金融の審査に通らないイメージのフリーターですが、非正規雇用者が増えている現在、フリーターも主要な顧客です。
ポイントさえ押さえれば、消費者金融の審査も怖くはありません。