学生でも消費者金融の審査に通るか

学生でも消費者金融の審査に通るか

お金がかかるのは社会人だけではありません。
学生も学費や下宿代、サークルの活動費に書籍代など結構な出費があります。
突然の出費でも慌てないように、消費者金融のカードでも持っておこうかとも考えますが、そもそも学生は消費者金融の審査に通るのか、今回はこれについて見ていこうと思います。

 

消費者金融の申込条件ならば、学生でもOK!

審査の前に、申込条件をクリアしていなければ審査以前の問題ですね。
そこでまずは、大手消費者金融の申込条件を見てみましょう。
文面と上限年齢に微妙な差はありますが、いずれも共通しているのが「20歳以上で本人に安定した収入がある」ことを申込の条件としています。

 

未成年の学生は申し込めませんが、20歳以上でアルバイトをしている学生であれば、申込に特に問題はありません。

 

学生ならではの審査を乗り切るポイント

あまり貸してもらえないことを知っておく

消費者金融は、学生に対してあまりお金を貸してくれません。
アルバイトをしているとはいえ、社会人と比べると収入は少ないです。
テスト時期や終活時期はアルバイトも休まざるを得ないときもあり、収入も安定しません。
そんな学生に消費者金融が貸してくれる金額は、10万円がいいところでしょう。
申し込みの際に欲張って40万円と書いても、審査落ちしてしまう可能性が高いです。

 

審査落ちしてもすぐに他の業者に申し込まない

仮に審査落ちしても、矢継ぎ早に他の消費者金融に申し込んではいけません
お金を借りたり、返済したりだけではなく、消費者金融に申し込みをした事実も信用情報に記載されています。
学生という身分も相まって「この人は相当お金に困っているな」とみなされ、審査に落とされてしまいます。

 

学生ローンも検討しよう

大手消費者金融がだめならば、学生ローンも候補に入れてください。
大学があるような場所にお店を構える街金で、金利は大手よりも少し高いです。
ただし、大手消費者金融よりも柔軟な審査をしてくれますので、候補に入れておいてもいいでしょう。

 

在籍確認はどう乗り切るか?

大手消費者金融の審査で避けては通れないのが、在籍確認です。
在籍確認とは、申込書に記載されている勤務先に本当に勤めているのか、カードローン会社スタッフが電話を実際にして確認する方法です。
本人が電話口に出れば問題ありませんが、本人が出られないとしてもスタッフが出て勤務実態を証明してくれれば、在籍確認は完了します。

 

在籍確認で注意すべきポイント

派遣会社に登録をして働く、あるいは家庭教師のアルバイトをしている、自宅のお店を手伝っている、そのような学生も少なくありません。

 

派遣会社に登録している場合、在籍確認の電話がかかってくるのは派遣先(実際に働いている場所)ではなく、派遣元(派遣会社)です。
消費者金融に申し込む際には、派遣会社のスタッフの方に電話がかかってくることを一言伝えておくと、より確実です。

 

家庭教師のアルバイトも、家庭教師会社から派遣されている場合には、派遣先のお宅ではなく派遣元である家庭教師会社にかかってきます。
一方、派遣で登録せず個人でアルバイトをしている場合には、家庭教師のお宅にも自宅にも電話がかかってきません。
だからと言って、在籍確認の審査がなくなるわけではなく、家庭教師の契約書や収入を証明できる書類(銀行口座の振込など)を用意しておかなければなりません。

 

自宅のお店を手伝っている学生ならば、在籍確認の電話は自宅にかかってきます。

 

どうしても消費者金融の審査を受けているのをばれたくない場合は?

自宅に在籍確認の電話がかかってくる場合

自宅のお店を手伝っている場合には自宅に在籍確認の電話がかかってきます。
そうなると、家族が電話をとってばれてしまわないでしょうか

 

消費者金融の在籍確認の電話は、会社名を名乗らずに個人名を名乗ります。
家族が電話をとったとしても、消費者金融からの電話だとはばれにくいでしょう。
ただし、お父さんが消費者金融でお金を借りた経験があれば、「これは在籍確認の電話では」とピンとくるかもしれません
電話をかけてくるスタッフは若いスタッフが多いので、「高校時代の友達」とでも言えばいいでしょう。
どうしても家族に電話をとられたくない場合には、在籍確認の電話をかけてもらう時間を指定できます。
家族がいない時間を狙えば、在籍確認も無事にクリアできますね。

 

自宅に書類が来るのでは

電話ではなく、消費者金融からの書類で審査を受けているのがばれる可能性がありますね。

 

申し込みの際には、申込書類を見られる可能性がありますので郵送での申し込みは避けた方が無難です。
自動契約機を使った申込みは、なるべく生活圏内から離れて行ないましょう。 最も安心な申込方法は、インターネットでしょう。

 

ローンカードや契約書は郵送される場合もありますが、封筒には消費者金融名は記載されていません。
また、自動契約機やWEB契約を利用すれば、書類が自宅に届くことはありません。