水商売でも消費者金融の審査に通るには

水商売でも消費者金融の審査に通るには

職業の内容に貴賤はありません。
働いてお金を稼いでいる以上、お役所の仕事も夜のお仕事も同じですが、世間的なイメージとして、どうしても水商売の人はイメージがあまりよくありません。
それは働いている当人たちも自覚しており、消費者金融でお金を借りようとしても審査に通らないのでは、と心配する人も結構います。
果たして、水商売の人でも消費者金融の審査に通るのでしょうか?

 

水商売も結構お金がかかる

ホステスやキャバクラなどの水商売で働いていると、「とにかくお金が稼げてお金の心配はしなくていい」というイメージを持っている人が少なくありません。
確かに、もらえるお金は結構多く、お客さんからバッグなどをもらってそれをブランド品買取店などに売れば、結構なお金になります。

 

しかし、お金が稼げるのと同時にお金も結構かかるのが、水商売のお仕事
キャバクラなどで使われている丈の短いドレスなどが、やっぱり最もお金がかかるでしょう。
インターネットで探せば3000円くらいから見つけられますが、さすがにそれだと少し安っぽく「安っぽい女」のイメージがついてしまいます。
きちんとしたドレスは3万円近くかかり、着回しを考えると何着かは持っていなければならず、さらにドレスがくたびれてきたら買いなおさなければなりません。

 

化粧品やメイクアップ用品も、一般的な女の子より高くつきます。
普通より若干化粧を濃い目にしてまつげも多く盛りますから、マスカラの量も多くなります。
メイクアップやヘアセットの用品も自腹ですし、香水や各種小物などもかかります。
そして、頻繁にヘアサロンに行かなければならないのも、大きな出費ですよね。
これらの出費は、基本的に女性たちの自腹ですので、水商売の女性も結構お金がかかるのです。

 

もちろん水商売の人も消費者金融に申し込めます

給料日までお金が足りないときには、消費者金融を利用する人も多いですが、水商売を理由に審査で落とす消費者金融はまずありません
未成年でなければ、問題なく申し込めますよ。

 

水商売の人が消費者金融の審査を通過するためのポイント

しかし、水商売は多少特殊な職業ですので、消費者金融の審査を通過するためにはそれなりに抑えるべきポイントがあります。

 

日雇いの水商売は審査通過が難しい

水商売には、お店ときちんと雇用契約を結んで長期間働くタイプと、日雇いの体験入店で短期バイトとして働く人とがいます。
消費者金融からしてイメージが良いのは、前者の方でしょう。
日雇いの体験入店しか行かない人を俗に「体入荒らし」と言うそうですが、体入荒らしは消費者金融のイメージが良くありません。

 

週3〜4日は出勤しよう

そうでないとしても、派遣社員のようにお店を転々とする水商売の人も、審査に通らない可能性が高まります
水商売の人もシフト制で働いていることが多いですが、おおむね週3〜4日程度出勤していて毎月安定した給料をもらっているのであれば、消費者金融の審査は特に問題ないでしょう。
正規雇用されていない派遣の水商売の人も、週3〜4日働いていれば審査通過も夢ではありません。

 

健康保険証の提出が有利

もし、お店で社会保険の加入を認めているところがあって社会保険証を持っている人がいれば、審査の前にあらかじめ健康保険証を提出しておくことをおススメします。
健康保険証は雇用の証明となり、審査に有利に働くからです。

 

水商売の在籍確認、素朴な疑問

水商売の人も、消費者金融の在籍確認の審査を避けて通ることはできません。
そんな在籍確認に関して、水商売の人が素朴に感じる疑問に回答しましょう。

 

消費者金融を利用しているってばれない?

同じ職場の女の子や店長、ボーイさんなどに「消費者金融でお金を借りようとしていること」がばれるのは嫌ですよね。
しかし、消費者金融の在籍確認の電話では、社名を出さずに担当者の個人名でかかってきます
男性担当者からの電話であれば「お客さんから」と言えばいいでしょうし、消費者金融を少しでも疑われたら「クレカを作ったから」と言えばいいでしょう。

 

夜の出勤で電話に出られないかも

夜遅くからの出勤の場合、できるだけ消費者金融も遅くまで粘りますが、さすがに深夜では電話ができません。
ただし、本人が電話に出られなくても在籍していることが確認できれば在籍確認は完了します。
お店の店長やボーイさんが「今日は夜からの出勤になります」と言ってくれればそれでOKなのです。

 

源氏名で在籍確認してほしい

水商売の人は、源氏名を使っている人が多いですよね。
本名で在籍確認の電話が来ても、「そんな人いないと思いますが」とお店の人に言われて、最悪審査落ちにもなりかねません。
また、本名で呼ばれるのをあまり好まない女性もおり、その場合には申込の際に「源氏名で在籍確認をしてほしいんですけど」と言いましょう。
そうすれば対応してくれる場合もあります。
ただしその際、必ず本名もセットで伝えておかなければなりませんし消費者金融によっては「絶対本名で行う」と言うスタンスのところもありますが。