消費者金融における年齢と審査

消費者金融における年齢と審査

消費者金融には年齢制限があります。
今回は、それぞれの消費者金融の年齢制限はもちろんのこと、年齢制限に引っかかって消費者金融の審査に通らない人向けの対策を紹介します。

 

貸金業者別の年齢制限について

まずは、全国的に有名な大手消費者金融の年齢制限について見ていきましょう。

大手消費者金融では、横並びで「20歳以上〜69歳以下」となっております。

 

次に、主な銀行カードローンの年齢制限について見ていきましょう。

  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック:20歳以上〜65歳未満
  • イオン銀行カードローンBIG:20歳以上〜65歳未満
  • じぶん銀行カードローン:20歳以上〜70歳未満
  • オリックス銀行カードローン:20歳以上〜65歳未満

ほとんどの銀行カードローンでは、「20歳以上〜65歳未満」を年齢制限としています。
65歳という年齢は、年金受給開始年齢にあたりますので、年金受給者にとっては審査が厳しくなる裏付けとなるでしょう。
消費者金融も銀行も、いずれも未成年には融資を行なっていません。

 

年齢によって審査結果は異なるの?

消費者金融などの貸金業者と年齢の関係を語る時、最も重要なのが「年齢が審査に与える影響」でしょう。

 

最も審査通過率が高いのは、20代と30代です。
この時期は独身でいる方も多く、自由に使えるお金が比較的多いからです。

 

40代、50代くらいになると結婚もして住宅ローンを組んでいる方も増えてきますので、自由に使えるお金が少なくなることから、審査も厳しくなります。

 

60代くらいになりますと、新規で消費者金融からお金を借りようとしても、審査通過は容易ではありません。
貸金業者によっては、完済予定年齢を設けているところもあり、申込条件の年齢の範囲内でも、長期間の返済で完済予定年齢の上限を超えてしまうと、審査で落とされるところもあります。

 

契約中に上限年齢になったら?

上限年齢ギリギリに申し込んで何とか審査を通過したものの、利用しているうちに上限年齢が来てしまった、なんてこともあるでしょう。
そんな場合は、新たに借入を行なうことはできません。
例え限度額に余裕があったとしても借りられません。
既に借入がある場合でも、いきなり一括返済を求められることはありませんので、安心してください。
計画通りに返済していけばいいのです。
そして、借金を完済したカードは解約となります。

 

消費者金融からお金が借りられない未成年は?

年齢制限に引っかかって審査に通らず、それでも金を借りたい未成年はどうすればいいのでしょうか。

 

学生ローン利用も

銀行や消費者金融のカードローンでは、未成年にお金を貸してくれません。
しかし、全ての貸金業者が審査に通さないわけではなく、一部貸金業者は未成年にも門戸を開いています。
多くの学生ローンでは、18歳から申し込みが可能となっております。
ただし、未成年の契約行為は親権者の同意を得るか保証人をつけるかしなければなりません。
また、10代で学生であっても、高校生は学生ローンで融資を受けられませんので注意しましょう。

 

目的別ローンを利用できる

免許を取得して車を買うのにお金が必要ならば、「自動車ローン」を利用するのもいいかもしれません。
銀行やディーラーでは自動車ローンを提供しており、18歳から申し込み可能としているところが多いです。
自動車ローン以外にも、目的に応じた様々な「目的ローン」がありますので、利用目的が決まっているならばこれを利用してもいいでしょう。
なお、こちらも未成年の契約には親権者の同意が必要です。

 

クレジットカードのキャッシング

目的を限定せずに未成年がどうしてもお金を借りたいのであれば、クレジットカードのキャッシングも候補です。
ただし、多くても5万円程度しか利用できませんし、キャッシング枠をつけるとその分審査の難易度が上がります。
金利も高いので注意しましょう。

 

消費者金融からお金が借りられない高齢者は?

年齢制限によって、どうしても消費者金融からお金を借りられない高齢者(70歳以上)は、どうすればいいのでしょうか?

 

プランネルから借りる

実は、消費者金融の中でも、比較的上限年齢の高い「プランネル」と言う業者があります。
テレビショッピングでおなじみ「日本文化センター」を運営している会社です。
プランネルでは何と、79歳まで申込が可能です。
限度額は10〜100万円、金利は年15.0〜18.0%となっております。

 

年金を担保にした融資

70歳以上で年金を受給しているのであれば、年金を担保にお金を借りることができます。
ただし、それが認められているのは「独立行政法人 福祉医療機構」のみです。
他にも「年金を担保に融資します」と謳う業者がありますが、「独立行政法人 福祉医療機構」以外の業者が年金を担保に融資をすれば、それは違法行為です。

 

いかがでしょうか? 年齢制限に引っかかりそうですと、つい悪徳業者や違法業者の誘いに乗りがちです。
正しい知識を身につけて、引っかからないようにしましょう。