カードローンは自由に使えて人気

カードローンは自由に使えて人気

現代人の生活の中で、なくてはならないもの、それはお金です。お金があるからこそ、いろいろな物が買えたり、サービスを受けることが出来るのです。もちろんお金について困りたいと考えている人はいません。

 

しかし、人生の中でどうしても突然お金が必要になってしまうということもあるでしょう。そんな時に、便利なのがカードローンです。カードローンは多くの人が利用している商品です。

 

カードローンとは?

ATMなどを利用して、カードを利用して融資を受けることが出来ます。現在では、メガバンクや地方銀行、消費者金融などの多くの企業がこのカードローンを取扱っています

 

カードローンはほとんどのものが無担保で融資を受けられるので、多くの人が利用しやすくなっているというのがとても特徴的です。目的の決まっているマイカーローンや住宅ローンに比べてある程度目的を自由に使えるということも人気の理由のひとつです。

 

カードローンは銀行と消費者金融のものがある

カードローンには大きく分けると、銀行系のものと消費者金融系のものとがあります。どちらもカードローンなのだからどちらでも一緒でしょ。と考える方もいるかもしれませんが実は全然違います。一番大きな違いとしては総量規制です。

 

総量規制というものをご存知でしょうか?これは、貸金業法で決められているルールで年収の合計の3分の1を超える借入は出来ないと定められているのです。この総量規制は消費者金融系のカードローンに適応されますが、銀行系のカードローンは、総量規制は適用されません。

 

そのため、年収が仮に300万円の人は、総量規制の適用される消費者金融系のカードローンでは100万円以上のお金を借りることが出来ないということになります。銀行の場合は年収の3分の1以上のお金を借りることも可能です。もちろん、必ず借りられるわけではなく所定の審査をクリア出来ればという条件付きですが。

 

ですから、カードローンをどこにすればいいのか迷っている時には限度額に気をつけないといけません。銀行系のカードローンの限度額が500万円、消費者金融のカードローンも限度額が500万円であった場合には限度額は同じですが意味合いがまったく違うということがわかるでしょうか?消費者金融系のカードローンで限度額500万円を借りるには、年収が1500万円以上なければ借りることが出来ないということになるのです。

 

両者の違いはどんなもの?

さきほどあげたように両者の違いは、総量規制が適用されるか、されないかということです。それから、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンでは金利が違います。基本的に低い金利で借りることが出来るのが銀行系のカードローンです。

 

消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンに比べると金利が高いのが特徴です。金利はお金を返す時に影響します。借りたお金は期日までにしっかり返すのがルールです。少しでも返すお金が少なくて済むようになるべくなら低い金利のカードローンを選びたいというのが本音です。

 

それから、両者の大きな違いは、申込んでから借入までのスピードです。圧倒的にスピードが速いのが消費者金融系のカードローンです。これは、TVCMや雑誌などでもほとんどの人がみかけたりしたことがあるかもしれませんが、即日最短30分ほどで借入が出来るというものです。

 

もちろんすべてが30分で完了するわけではありませんが、銀行系のカードローンに比べて圧倒的にスピードが速いです。銀行系のカードローンで即日借入が出来るというところはほとんどないでしょう。ですから、とにかく急いでお金を借りたいという場合には消費者金融のものを選ぶようにしましょう。

 

審査を通過するためには?

銀行でも、消費者金融でも審査を通過するためには、まずは安定した収入があるということが条件になります。お金を貸す側とすれば、カードローンはほとんどが無担保、保証人不要となっているため貸し倒れのリスクがあります。ですから、安定した収入がある人でないとなかなか貸すことが出来ません。

 

今までの金融事故の有無も重要です。これもさきほどあげたように、リスクがあるので今まで支払いに関しての金融事故を起こしている人は審査を通過する可能性は低いでしょう。公共料金の支払いや携帯の支払いなどの支払期限には気をつけて遅れないようにしておかないといけません。

 

銀行と消費者金融のどちらでもいいからと、同時期に両方に申込む人がいますが、とても印象を悪くするのでやめましょう。なぜなら、申込んだという履歴は必ず残るので、同時に複数のところに申込むとそうとうお金に困っている人という印象を与えてしまうことになります。ですから、審査に通過するのか不安だからといっても、複数のところに同時期に申込むのはやめましょう

 

まとめるとカードローンは、速さで選ぶなら消費者金融系、金利や、限度額で選びたいのなら銀行系のカードローンがおすすめです。どちらにするかは、しっかりと考えて選ぶようにしましょう。