学生ローンのいろは

学生ローンのいろは

学生ローンと言うものを、あなたはご存知でしょうか?一般的に学生の場合は当たり前ですが、ほとんどの人が定職についているわけではありません。そんな安定した収入がないのにお金を借りることが出来るのでしょうか?そもそも学生ローンとはどんなものなのでしょうか?

 

学生ローンとはどのようなものなのか?

学生ローンとは主に、消費者金融などで取扱っている学生向けのローンのことです。各金融機関によって審査の基準が違いますが、その審査基準さえクリア出来れば、学生であってもお金を借りることが出来ます。

 

特に首都圏や大学や専門学校が多く集まる地域などでは看板などでもよく見かけるものです。学生にとってはもちろん学業が優先なので、安定した収入がある学生と言うのはいません。アルバイトなどや親からの仕送りというのが学生の収入となっています。しかし、学生と言ってもお金がかかる行事というのはいろいろあります。

 

例えば、留学や旅行、それから、当然教科書などを含めた学費が結構かかります。また、大学生活の中では、将来の就職に向けて、就職活動をしなければなりません。そんなときには、もちろん交通費やスーツにワイシャツ、などをはじめとした物品の購入にもお金が必要となります。学生であってもお金が必要になる場面というのは結構いろいろとあるものです。

 

学生ローンを利用するときの注意点

学生ローンを利用するときに、気をつけなければいけないのが正規の貸金業者で借りるという事です。一見すると普通の貸金業者に見えたけれど、実際には闇金業者だったなどということもあります。

 

わざと、安い金利の広告などをみせて客を集めるというところもあります。闇金でお金を借りてしまうと、返済するのがとても困難になってしまいます。また、返済が出来ずに、学業に大きな影響を及ぼすということも考えられます。絶対に、正規の貸金業者で利用するようにしましょう。

 

学生ローンを利用するときには、まずはお金を計画的に利用する必要があります。学生ローンは自分のお金と言うわけではありません。きちんと返済しなければならないお金です。ですから、必ずきちんと返済が出来るように計画的に利用しなければなりません。

 

学生ローンを利用するときに必要な物

学生ローンを利用するときには、いくつかのものが必要になります。まずは、身分証明書が必要になります。学生証や免許証や保険証などが必要になります。その他には学生ローンを利用するときに必要になる銀行口座、業者によっても必要になる書類には違いがありますが、大きくまとめるとこのようなものが必要になります。何が必要なのかは、必ずチェックしておきましょう。また、わからないことがあれば契約をするまえに必ず、確認をしておきましょう。

 

学生ローンを利用するのが不安な人

学生ローンを利用しても大丈夫なのか?と不安に感じる人も多くいると思います。結論から言えば、正規の貸金業者であれば問題はありません。どのような業者が正規の貸金業者なのかというと正規の貸金業者の場合は必ず、登録番号が記載されています。各都道府県に書類を提出して認められている業者は正規の貸金業者です。

 

ですから、まずはこの登録番号があるのかないのかを必ず確認するようにしましょう。また、学生ローンを利用するときに不安になるのがアルバイト先や、実家など知られたくない人にお金を借りるということを知られてしまうのではないかという不安があると思います。業者によって対応は様々ですが、そういったことをしっかりと考慮してくれるところもたくさんありますよ。

 

そういった不安がある人はまずはインターネットなどでいろいろな貸金業者の評判を調べて口コミなども参考にしながら信頼出来そうなところからお金を借りるようにするとよいでしょう。間違ってもさきほども書いたように、正規の貸金業者以外から借りるようなことは避けましょう。

 

学生ローンも金利は必ずチェック!

学生ローンを利用する人の中には、人生でローンを組むことがはじめてという人もかなり多いと思います。ですから、ローンの仕組みや返済についてなどわからない部分がたくさんあったりすると思います。とくに、学生ローンを利用するときに注意が必要なのが、金利です。金利は学生ローンの場合結構高めに設定されている場合が多いです。

 

ですから、自分が申し込んで利用したいと考えている学生ローンは金利が何%なのか?その利率は法律の範囲内の適切なものなのかどうかを必ずチェックしましょう。あまりにも金利が低かったり、あからさまに金利が高いものは闇金業者の可能性もありますので、注意が必要です。

 

お金を借りるときには、金利を必ずチェックするのが鉄則です。はじめてのローンで失敗しないように金利は必ず自分の目で確認しましょう。そうでないと、学生ローンを返済するときにどんどん苦しくなってしまうことにもなりかねません。