教育ローンを活用する

教育ローンを活用する

お子さんをお持ちのご家庭もたくさんあると思いますが、その時に困るのが学費ですよね。もちろん子供の将来の為、子供の教育費として貯金をしている家庭も多いですが、やはりなかなか上手く教育費が貯まらずに困るということもあると思います。そんな時にはどうすればよいのでしょうか?子供の進学を諦めさせるしか方法はないのでしょうか?

 

教育ローンを利用してみる

もちろん、進学などにかかるお金は自分自身や、親がしっかりとお金を準備しておくことに越したことはありませんが、なかなか収入が低いなど、その他にも家庭環境などによって厳しいという家庭も少なくありません。

 

そんなときには、進学を諦めてしまうのではなく、教育ローンを利用してみましょう。教育ローンはその名の通り、使い道が教育に関わるものに限って使えるローンです。例えば、教科書や、入学金、学校に通うためのマンションやアパートの家賃などがあげられます。

 

教育ローンはどこでどのようにして借りるの?

教育ローンは様々な金融機関で取扱っています。国の教育ローンもあります。一口に教育ローンと言っても様々なタイプのものがあります。例えば、無担保のものもありますし、担保や保証人が必要となるタイプもあります。

 

また、各金融機関によって、教育ローンの金利も違います。このように、教育ローンには様々なタイプ、様々な教育ローンがありますが、共通して言えることは、所定の審査があるということです。

 

この所定の審査を通過することが出来なければ、教育ローンを利用することが出来ませんので注意が必要です。教育ローンは申し込めば誰でも利用することが出来るというわけではありませんので、注意しましょう。

 

教育ローンはどんなことに注意をして選ぶのか?

教育ローンはさきほども書いたとおりたくさんの種類があります。教育ローンを頻繁に利用する人というのはほぼいませんので、どんなことに注意をしなければならないのかよくわからない。教育ローンなんてどこで借りても一緒でしょ?などと考えているのなら大変危険です。

 

教育ローンを選ぶときに重要なのが、金利です。教育ローンはほとんどの場合長期間にわたって返済をする義務があります。ですから、高い金利で借りてしまえば、それだけ多くのお金を返済することになってしまいます。ですから、出来るだけ低い金利で借りられる教育ローンを探しましょう。

 

低い金利で教育ローンを借りたいのなら、国の教育ローンや銀行などの教育ローンがおすすめです。いわゆる信販系のところでも多くの業者が教育ローンの商品を取扱っていますが、金利が高めなので注意が必要です。学校にもよりますが、専門学校や私立の学校などでは、教育ローンの紹介で提携している業者を紹介しているところもあります。

 

一見するととても親切のように感じますが、多くが信販系の会社であり、銀行などに比べればやはり金利が高いです。もちろん、金利が低い方がよいのですが、一般的に金利が低くなれば低くなるほど、教育ローン審査が厳しくなるという傾向がありますので注意が必要です。

 

もちろん、金融機関によって審査をする基準が違いますし、審査結果を公表するわけではありませんのですが、やはり、信販系の教育ローンは金利はやや高めですが、審査はそこまで厳しいというわけではありません。国の教育ローンや銀行の教育ローンは信販系の教育ローンよりも金利が低く設定されている場合が非常に多いですが、その分、審査が厳しく、時間がかかりやすい傾向にあります。

 

いつから教育ローンに申込めばいいのか?

さらに、気になるのがいつから教育ローンに申込めばよいのか?という疑問です。さきほども書いた通り、教育ローンには必ず審査があります。この審査には金融機関によって違いますが、時間がかかります。ですから、入学が決まった段階で出来るだけはやく、申込むというのがよいでしょう。

 

教育ローンは受かってから後でいいやなどと考えていると後で後悔する結果になってしまう可能性もあります。また、さきほども書いた通り、教育ローンは所定の審査を必ず行いますので、審査の結果教育ローンが通らない、審査に落ちるということも考えられます。

 

一生懸命頑張ってきたのに、入学金が払えない、授業料が払えないから入学が出来なかったなどという最悪の事態にならないように、出来るだけ早い段階でまずは、教育ローンの審査だけでも受けてみるというのがおすすめですよ。まずは、教育ローンの種類や教育ローンを利用するための条件などを必ずチェックしてみましょうね。

 

合わせて、自分が入学する学校の授業料や入学金などがどのくらいかかるのかも必ずチェックしましょう。学校を卒業してからも、高い金利に首を絞められるという事がないように、必ずチェックをして、入学前には出来るだけ早く確認しておきましょう。まとめると、どこにするか迷っている人には出来るだけ低い金利で借りましょうと伝えたいですね。