住宅ローンの金利を知る

住宅ローンの金利を知る

住宅ローンは利用する人の数が多くて、とても有名なものですが、同時に 「どんな住宅ローンを選べばよいのかわからない」
「住宅ローンの金利はみんな一緒なの?」
など住宅ローンに関する疑問などがたくさんあると思います。その中でも、一番気になるのが住宅ローンの金利についてではないでしょうか?住宅ローンの金利にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

住宅ローンには固定金利と変動金利がある。

住宅ローンには固定金利と変動金利があるというのをご存知でしょうか?金利なんてどれも一緒じゃないの?と考えている人もいると思いますが、住宅ローンというのは長期的な返済になりますので、金利によって返済額が変わるということは珍しくありません。

 

ですからきちんと住宅ローンの金利について必ず考えておきましょう。固定金利と変動金利にはそれぞれのメリットデメリットがあります。固定金利は市場の金利に関わらず一定の期間金利が固定されるものです。ですから、市場の金利が上昇しても大きな影響を受けずに済みます。しかし、逆に市場の金利が下がっても固定金利なのでそのままの金利で返済を続けなければならなくなります。それが大きなデメリットです。

 

変動金利の場合には、その時の、市場の金利によって変わります。金利が低くなれば当初よりも返済するお金が少なくなるというメリットがあります。ただし、その時の金利に合わせることになるので、固定金利と変動金利のどちらが得なのかという事は一概には言えないでしょう。

 

それから、固定金利のメリットとしてよく言われているのが、金利が固定なので返済計画が立てやすいという点があげられます。住宅ローンの返済だけにかかわらず、事前にいくら返済すればいいのかわかっていれば、返済の準備も楽になります。

 

固定金利でみんなが知っている有名なものと言えばフラット35があります。これは、住宅支援機構などが扱っているもので最長で35年間固定金利になるというものです。個人的な考え方で言えば、変動金利と固定金利のどちらか選べと言われたら固定金利を選びます。

 

固定金利の方をおすすめする理由

固定金利を個人的におすすめする理由はさきほども書きましたが金利が一定であるという点です。金利が一定であれば毎月の返済額も一定になるので、返済計画を立てやすいですし、金利が上昇したりすることに一喜一憂する必要がなくなるからです。

 

もちろん、変動金利でもメリットはありますが、金利が大幅に上昇した時には計画していたよりも多くのお金を支払うことになりますので、それは出来れば避けたいのが本音ではないでしょうか?変動金利だと、金利が下がれば、たしかに住宅ローンの返済金額は少なくなるかもしれませんが金利がずっと下がり続けるという事はあまり考えにくいですし、金利が上昇したときのリスクを考えるとあまり変動金利をおすすめすることは出来ません。

 

金利が下がれば得をして、金利が上がれば損をするというのはどこかギャンブルにも似たところがあります。ですから、金利上昇のリスクを取るよりは固定の金利を選ぶことをおすすめします。

 

住宅ローンは長期的なお付き合い

住宅ローンは長期的な付き合いとなります。もちろん繰り上げ返済なども出来ますが、フラット35のように35年など長期的に返済をする必要があります。長期的な付き合いならばやはり一定の期間、金利を固定することが出来る、固定金利の住宅ローンを選ぶのが良いでしょう。

 

長期間の返済には、やはり金利の上昇リスク、返済額の増額のリスクなどの危険はなるべくなら避けたいですので変動金利よりも固定金利をおすすめします。固定金利や変動金利などの住宅ローンの金利もとても大切なのですが、まずはどこの金融機関から住宅ローンを借りるのかという問題があります。

 

住宅ローンを扱っているところはたくさんありますし、銀行ならほとんどの銀行で住宅ローンの取扱があります。インターネットなどで銀行などのホームページから住宅ローンを探してみるとよいでしょう。各金融機関によって多少の違いがあるかもしれませんが、まずはどこの金融機関で借りるのか比較検討する必要があります。

 

また、インターネット上では、住宅ローンについての口コミなども多く見つけることが出来ますので、そういった実際に利用した人の話を見つけるのもよいでしょう。最近では口コミなども充実してきているので、自分の条件に当てはまるものがみつかったらぜひ申込だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

住宅ローンは何度も借りるようなものではないですので、住宅ローンに関する不安などはたくさんあると思いますが、まずはしっかりとした住宅ローンに関する情報を数多く集めることからはじめるのがよいでしょう。住宅ローンがいくらまで借りることが出来るのか?返済には、月々のお金がいくら必要になるのかというのをしっかりと検討する必要があります。