住宅ローンの借り換えで返済が楽になる?

住宅ローンの借り換えで返済が楽になる?

住宅ローンを利用している個人の方は多いと思いますが、その中で返済をもっと楽にしたいと考えている方多いのではないでしょうか?住宅ローンの返済が毎月厳しいという悩みを抱えている人もいるでしょう。そんな方に、一度検討してほしいのが住宅ローンの借り換えです。住宅ローンの借り換えをすることで毎月の返済が楽になるかもしれませんよ。

 

住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

そもそもなぜ住宅ローンの借り換えを検討する必要があるのでしょうか?勘違いしてはいけないのが必ず借り換えを行わなければならないということではありません。また、借り換えを行えば必ずメリットがあるというわけではありません

 

そもそも、住宅ローン借り換えの大きなメリットは毎月の住宅ローン支払いの軽減です。どのような時に大きなメリットがあるのかというと例えば、住宅ローンを長期の固定金利で組んでいる場合です。長期の固定金利で住宅ローンを組んでいるけれど現在の金利がかなりの低金利になっている場合はかなりの損をしていることになります。

 

ですから、住宅ローンを組んだ時の金利と現在の金利との差が大きい場合には、住宅ローンの借り換えを検討することをおすすめします。一般的に言われているのが、残りの債務、残りの期間、金利の差などを住宅ローンの借り換えを検討する目安にするとよいということです。

 

この目安としてよく一般的に言われているのが、残りのローンの残高が1000万円以上、残りの返済期間が10年以上、金利の差が1%以上の条件に当てはまるのなら、住宅ローンを借り換えることで大きなメリットがあり、毎月の住宅ローンの返済の負担も減ると言われています。ただし、この条件に当てはまらないからと言って必ずしもメリットがないというわけではありません。

 

住宅ローンの借り換えをしようと思っている人がやるべきこと

まずは、住宅ローンの借り換えを検討するときにやらなければいけないのが、借り換え先の選定です。借り換えといってもあたりまえですが、すぐに借りることは出来ません。申し込みと審査を通過しなければなりません。

 

そのためには、まずどこの金融機関に借り換えの申し込みを行うのかを決めなければなりません。まずは、自分自身で情報を集めることが大切です。

 

よくテレビや雑誌なんかで、住宅ローンの借り換え説明会を金融機関などでやっているというのを聞きますが、いきなり説明会にいくのは危険です。金融機関の説明会はとても重要ですが、金融機関に言われた通りにしてしまうのはあまりにも危険です。

 

おすすめだと言われたものはただ単に、金融機関が売りたかった商品だったのかもしれません。せっかく住宅ローンの借り換えをするのに前よりも負担が増えたり、せっかく借り換えたのに負担があまり変わらないというのでは本末転倒です。ですから、そういった相談会に行く前に、必ず一度は自分自身で情報収集をしておくという事が大切です。

 

住宅ローンの借り換えでいくらくらい負担が減るのか知る

住宅ローンの借り換えの大きなメリットは毎月の住宅ローンの支払いの負担を減らすという事です。ただし、ただ住宅ローンの負担が減ると言われてもなかなか実感がわかないと思います。ですから、実際の金額をだしてリアルな数字を使うのがよいでしょう。

 

具体的な数字で毎月いくら負担が軽減されるのかを把握しておく方がよいでしょう。例えば、毎月の住宅ローンの支払いが減りますよといわれるより、毎月の住宅ローンの返済が3万円減ると言われたほうが大きなメリットを感じやすいですからね。住宅ローンを借り換えることによってどのくらいの金額の負担が減るのかというのをしっかりと把握する必要性があります。

 

忘れずに確認しておきたいこと

住宅ローンの借り換えのメリットや金利のことにどうしても目がいきがちですが、住宅ローンの借り換えには費用がかかるということです。事務手数料や保証料、その他にも諸費用などがかかりますので、少なくても数十万円程度が必要となります。

 

もちろんかかる費用は金融会社によって違うのでもっと多くの資金が必要になることもあります。また、住宅ローンの審査に通過することが一番大切です。あたりまえですが、この住宅ローンの借り換えにも審査があります。その審査に通過することが出来なければ、住宅ローンの借り換えは出来ません。

 

ですから、まずは、どこで住宅ローンの借り換えを申込むのか決めたらすぐに審査を申込みましょう。その審査結果によって借り換えが出来るのかどうかが決まりますので、まずは審査を受けてみるのが大切です。

 

そこで審査に落ちたという場合は他の金融機関で借り換えを申込んでも審査に通過する確率は非常に低いでしょう。まとめると、住宅ローンの借り換えを検討する場合にはまずは自分自身で情報を集めることからはじめましょう。そして、具体的にいくら負担が減るのかを計算しましょう。