自動車ローン「ディーラーローン」と「金融機関のマイカーローン」の違い

自動車ローン「ディーラーローン」と「金融機関のマイカーローン」の違い

マイカーを購入する際には、一括で購入代金を支払うこともできますが「自動車ローン」を組んで購入することがほとんどだと思います。毎月、数万円から十数万円を支払うことで数百万円の自動車を購入できるので手軽なのですが、ローンを組めればどこでも良いというわけではありません。

 

自動車ローンには、大きく分けると「ディーラーローン」と「金融機関のマイカーローン」の2種類があります。どちらのローンも基本的な性質は同じですが、きちんと知らないと大損をする可能性があるのです。そこで、ディーラーローンとマイカーローンの違いについて解説します。

 

ディーラーローン

まずはディーラーローンについて解説します。ディーラーローンは、新車を取り扱う自動車販売店が取り扱う自動車ローンです。基本的に、自社系列のローンを勧められる形になります。

 

ディーラーローンのメリット

・審査が早い

ディーラーローンは、一般的な金融機関のマイカーローンと比較して審査が早いです。基本的に、販売店で申込んだその日のうちに審査結果が出ることが多いです。

 

・審査に通りやすい

また、その審査は「通りやすい」という点もメリットとなります。これは、ローンを組んだ時の回収リスクが極めて低いことが理由として挙げられます。

 

ディーラーローンは、そのローンを完済するまで自動車の所有権はディーラー側にあります。販売店は、仮にローンの返済が滞っても対象の自動車を回収できるため、利益を損なうリスクが少ないのです。そのため、金融機関のローンと比較して審査基準が低くても問題ないのです。

 

ディーラーローンのデメリット

・金利が高い

ディーラーローンは、一般的なマイカーローンと比較すると高い金利が設定されていることが多いです。マイカーローンは、自動車という相応の金額を借りる形になり、返済期間もそれだけ長くなります。そのため、高い金利でローンを組むと利息の支払いがかさんでしまうのです。

 

・自動車の所有権がディーラー側にある

また、前述のとおりディーラーローンで購入した自動車は、そのローンを完済するまでその所有権はディーラー側にあります。つまり、購入者は完済まで自動車を勝手に手放すことはできません。

 

金融機関のマイカーローン

次に、金融機関のマイカーローンについて解説します。名称は金融機関ごとに異なりますが、基本的に「自動車の購入資金」や「自動車の修理費」など自動車に関連する支払いに必要なお金を借りるという点では一致します。

 

マイカーローンのメリット

・金利が低い

まずは、「金利が低い」という点です。金融機関のマイカーローンの金利は金融機関ごとに異なりますが、一般的な相場はディーラーローンよりも数%低めになっています。この数%の差が、最終的な支払総額に大きく影響するのです。

 

・選択肢が多い

次に「選択肢が多い」ということです。全国各地の金融機関で、マイカーローンを取り扱っています。実際に利用できる選択肢はお住いの地域などの条件で絞られる事になりますが、良い条件で借りられる可能性が高まります。

 

マイカーローンのデメリット

・審査が厳しい

まず、ディーラーローンと比較して審査基準が厳し目になっています。特に銀行のマイカーローンは金利が低い分、審査も厳しく見られることになります。年収などの条件次第では、銀行のマイカーローンを選択肢に入れることが難しくなる可能性があります。

 

・審査に時間がかかる

また、審査時間が長いという点もデメリットになります。ディーラーローンであれば即日審査結果が出るのですが、マイカーローンの場合は申し込みから数週間の時間を必要とすることがあります。相応の金額を借りることになるのですから、即日はまず無理だと考えましょう。

 

・審査に手間がかかる

マイカーローンは、審査に時間がかかるだけでなく手間もかかります。マイカーローンの申し込みに際してはさまざまな書類を揃えなければなりません。ディーラーローンの場合は担当者が代行してくれるのですが、金融機関の場合はそうもいきません。

 

少しでも有利な条件でローンを組むには?

自動車ローンを有利な条件でとなると重視すべきは「金利」です。前述の通り、一般的に低い金利で申し込めるのは銀行のマイカーローンです。審査基準は厳しくなることを覚悟しなければなりませんが、審査に通りさえすれば数十万円の利息を節約できる場合もあります。

 

ただし、昨今のディーラーローンは金利が低くなっている傾向にあります。絶対に銀行のマイカーローンのほうが金利が低いという確証は無く、車種による特別金利の設定やキャンペーン金利なども考えられます。また、同じ車種でも販売店ごとにディーラーローンの条件は異なります。

 

少しでも有利な条件で自動車ローンを組むためには、低金利で借りられるのはどこなのかということを知ることです。要するに「情報収集」を密に行うことです。手間はかかりますが、複数のディーラーで見積もりを行い、マイカーローンの金利をリストアップして、どこでローンを組めば最も少ない返済額で完済できるのか調べてから購入に踏み切りましょう。