「キャッシング枠」って何?ショッピング枠との違いなどを解説

「キャッシング枠」って何?ショッピング枠との違いなどを解説

クレジットカードを利用していると「キャッシング枠」と「ショッピング枠」という名称を耳にすることになります。クレジットカードというとショッピングに利用するイメージがありますので、初めてクレカを利用する人はキャッシング枠について詳しく知らないのではないかと思います。そこで、クレジットカードのキャッシング枠について解説します。

 

そもそも「枠」って何?

まず、キャッシング枠やショッピング枠の「枠」について簡単に解説します。簡単に言えば「限度額」ということです。ショッピング枠にしてもキャッシング枠にしても、契約内容に従って利用できる金額に上限があります。無制限に利用できるということではない、枠があるということです。

 

ショッピング枠って何?

まず、ショッピング枠について解説します。ショッピング枠は、そのクレジットカードで利用することができるショッピング金額の上限のことです。例えば、ショッピング枠50万円のクレジットカードでは、60万円の代金の商品は購入できません。逆に、50万円を下回るものなら購入できますが。合計額がショッピング枠を超えることはできません。つまり、既に返済している金額についてはショッピング枠を回復できるのですが、返済中の金額とショッピング枠の差額を超える金額を追加でクレジット払いすることはできないということになります。

 

キャッシング枠って何?

キャッシング枠とは、クレジットカードを使ってお金を借りることのできる限度額ことのです。通常、クレジットカードというと「商品購入を分割払いするためのもの」というイメージがありますが、商品購入を媒介とせずにお金を融資してもらうことができます。これは、前述のショッピング枠とは別扱いになりますが、基本的にキャッシング枠はショッピング枠に含まれることになります。

 

キャッシング枠の扱い

例えば、ショッピング枠が50万円のクレジットカードで、20万円のキャッシング枠があるとします。このカードでは通常、50万円の残高になるまでカードショッピングを利用できます。しかし、キャッシング枠を利用している場合は違います。

 

もし、このカードで枠限界の20万円をキャッシングしているとします。この状態でクレジット支払い残高が0円の場合、通常であれば50万円までカードショッピングが利用できます。しかし、キャッシング枠を利用している場合はこれをショッピング枠に含めて計算します。つまり、未払いの20万円のキャッシングを50万円のショッピング枠から差し引き、30万円までしかカードショッピングができないのです。もちろん、キャッシング枠の返済をすれば、その分だけショッピング枠が回復することになります。

 

また逆に、クレジット枠を利用している分はキャッシング枠を圧迫することにもなります。上記の例で言えば既にそのカードで40万円のカードショッピングをしている場合、クレジット枠およびキャッシング枠も残り10万円が限度額ということになります。

 

キャッシング枠についてのあれこれ

キャッシング枠を増額したり、「0円」にすることもできる

キャッシング枠は、既に作っているクレジットカードであっても後で限度額を変更することができます。増額してもらったり、逆に減額して0円まで下げることも可能です。

 

増額する場合は、ある程度の利用実績が問われることになります。カードを作ってからある程度、ショッピング枠とキャッシング枠の利用実績を作ることで、増額における審査に通りやすくなります。逆に言えば、カードを作ったばかりの頃に増額申請をしても通らないことが多いです。

 

減額する場合は、最低0円まで下げることができます。つまり、キャッシング枠を使えなくするということです。そのカードの利便性は下がりますが、キャッシング枠を使えないことで余計な借金をしなくて済むようになります。また、一度0円にしても後でキャッシング枠を復活させることもできます。

 

海外でもお金を引き出せる

また、キャッシング枠の利用は海外での現金引き出しにも利用できます。仕事や旅行で海外に行く際に、ふとしたことで急にお金が必要になる場面もあることでしょう。そんなときに慌てること無く現金を用意できるため、少しでもキャッシング枠を空けておくことは利便性を高めることになります。

 

ただし、海外でのキャッシング機能の利用についてはカード会社ごとに異なります。もし、クレジットカードのキャッシング枠をあてにして海外に行く場合は、海外での現金の引き出し方について入念に調べておきましょう。

 

金利は高め

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、金利がそれなりに高く設定されています。便利だからと調子に乗って利用し続けてしまうと、利息の支払いだけでも相当な金額になる可能性があります。

 

キャッシング枠を0円に設定することのメリットはここにあります。キャッシング枠が使えなければ、キャッシング枠の返済にかかる利息を支払うことはありません。もしくは、高額な利息の支払いを避けるために、キャッシング枠の限度額を低く設定することも有効です。

 

まとめ

いかがでしょうか。確かにキャッシング枠があることは急に現金が必要になった時に利用でき、カードの利便性を高めることになります。しかし、借金であることを意識できるか、つまり不要なお金まで借りることを避けられるかが重要です。自信がなければ、キャッシング枠を0円にしておくことをお勧めします。