学費をローンで払う?奨学金との違いを含めて解説

学費をローンで払う?奨学金との違いを含めて解説

大学に通うためには「学費」を支払う必要があります。学費以外にも、教育を受ける側はさまざまなコストを支払う必要があります。人によってはそれに十分な資金を自前で用意できず、「ローン」を組んでこれを賄うこともあります。そこで今回は、学費をローンで支払うことについて簡単に解説します。

 

教育ローン

まずは、学費などの教育関連の費用として用いることができるローン商品である「教育ローン」について解説します。

 

教育ローンとは?

教育ローンとは、目的別のローン商品のうち、その使途を教育関係経費に限定したものを言います。金融機関ごとに名称は異なりますが、教育ローンという他に「学費ローン」とも呼ばれることがあります。

 

・民間の教育ローン

 

民間の教育ローンは、一般の金融機関が提供する教育ローンです。銀行や信用金庫、JAなどが取り扱っています。

 

・国の教育ローン

 

それに対して「国の教育ローン」と言うものがあります。これは、「日本政策金融公庫」という公的な金融機関が運営する教育ローンです。

 

奨学金

次に、同じく学費に関連した制度である「奨学金」について解説します。

 

奨学金とは?

奨学金とは、能力を有する学生を対象として金銭の給付を行う制度です。その目的は、学業優秀な生徒に対して修学を促すという趣旨です。その定義に照らし合わせると、本来の奨学金としての形は「給付型」の奨学金となります。

 

・給付型奨学金

 

「給付型奨学金」とは、支給される奨学金の返済義務が存在しないタイプの奨学金です。要するに、学費を負担してもらうことができる奨学金ということになります。

 

・貸与型奨学金

 

それに対して「貸与型奨学金」というものがあります。これは、支給された奨学金を、その対象となる学生が成人してから返済義務を負うタイプの奨学金です。これは、学生がお金を稼げるようになったら(就職してから)奨学金を学生自身が返済する形の奨学金となります。

 

教育ローンと奨学金の違い

では、それらを踏まえた上で教育ローンと奨学金の違いについて解説します。比較対象となるのは、教育ローンと貸与型奨学金がメインとなります。

 

返済開始時期の違い

まずは「返済開始時期」が異なります。教育ローンは、基本的に借り入れした翌月あるいは翌翌月から返済が開始されます。一方で奨学金の場合、返済義務がある場合は対象となる学生が卒業し、就職してから返済開始となります。

 

返済義務を負う人の違い

また、返済義務を負う人も違います。教育ローンは、それを申し込んだ両親が借り主となります。奨学金の場合、返済義務は学生自身が負います。ただし前述の通り返済開始時期は卒業後なので、学生自身が収入を得られる状態になっています。

 

お金の受け取り方の違い

次は「お金の受け取り方の違い」です。教育ローンの場合、対象となるお金は一括で指定口座に振り込まれます。奨学金の場合は、毎月決まった額が振り込まれる形になります。

 

大学が提携する教育ローン

次に、教育ローンの中でも通う大学が提携しているタイプの教育ローンについて解説します。

 

提携教育ローンとは?

提携教育ローンは、大学が金融機関と提携して提供する教育ローンのことです。学費などの資金を借り入れることができ、一般的なローン商品と同じように返済をするという点では共通していますが、一般的な教育ローンとは異なる性質がいくつかあります。

 

・審査が早い

 

まず、提携教育ローンは一般的な教育ローンと比較して「審査が早い」という点が挙げあれます。通常、教育ローンの利用を決めるのは「大学合格が決まってから」となりますが、そうなると審査に時間がかかってお金が間に合わないこともあります。

 

最短で1日で審査結果が出る提携教育ローンもあります。入学金や学費などのまとまったお金を短期間で調達できるので、合格が決まった時期によっては頼もしい選択肢となることでしょう。

 

・お金は大学に直接振り込まれる

 

提携教育ローンは、融資の対象となるお金を借り主に振り込むのではなく、「大学に直接振り込まれる」という点も特徴です。通常、教育ローンの審査に通って融資が決まったら、融資金は借り主の指定口座に振り込まれます。しかし、提携教育ローンの場合はその提携している大学の口座に直接振り込まれる形となります。

 

そのため、資金使途が極めて厳格に決められることになります。提携教育ローンの場合、生徒が大学に支払うお金については融資を受けられますが、それ以外のお金については融資を申し込むことができません。例えば「寮費・下宿費」「学校に支払う形ではない教材費」「通学するための交通費・定期代」などが対象となります。

 

一般的な教育ローンでは、これらの費用も融資の対象となり得ます。

 

・金利が高い

 

また、提携教育ローンは「金利が高めである」という点もデメリットとなります。特に、銀行系教育ローンや国の教育ローンと比較すると数%は高めに設定されています。返済の負担が大きくなります。

 

まとめ

教育ローンもローン商品であるため、出来る限り低い金利でこれを利用したいところです。できれば国の教育ローンや銀行系教育ローンを利用したいところですが、急いで資金調達しなければならない場合は大学が提携する教育ローンを利用する必要もあります。また、奨学金などの国の制度を利用することも検討してください。