おまとめローンの審査に通るには?審査に通るための秘訣を解説

おまとめローンの審査に通るには?審査に通るための秘訣を解説

いわゆる「おまとめローン」とは、複数の借金をひとまとめにして、返済までの道筋を見えやすくできる方法です。しかし、その特性上おまとめローンの審査は厳しくなっています。ですが、審査に通らなければ借金をまとめることはできません。そこで、おまとめローンの審査に通る秘訣について解説したいと思います。

 

おまとめローンの基礎知識

まず本題に入る前に、そもそも「おまとめローン」というものがどのようなものであるか簡単に解説しておきます。

 

おまとめローンとは?

おまとめローンは、複数の借金をひとまとめに借り換えることを言います。例えば、3つの金融機関からそれぞれ20万円・30万円・50万円借りている場合に、別の金融機関で100万円を借り入れて3社の返済に充てるということです。借金総額は前後で変動しませんが、「1社にまとめられる」という点と、場合によっては「低い金利で返済できる」といったメリットがあります。

 

おまとめローンの審査が厳しい理由は?

そんなおまとめローンですが、一般的にその審査基準は厳しいとされています。なぜなら、おまとめする金融機関からは一度に多額のお金を借り入れることになるからです。前述の例で言えば、4社目の金融機関から一度に100万円を借り入れることになります。

 

金額が大きいということは、それだけ「貸し倒れのリスク」を考慮しなければなりません。10万円を貸すのと100万円を貸すのとでは大きな違いがあります。「きちんと10万円を返済してくれるだろう」という基準と、「きちんと100万円を返済してくれるだろう」という基準では、どうしたって後者のほうが厳しく見なければならないのです。

 

おまとめローンの審査に通るには?

では、それを踏まえた上でおまとめローンの審査に通るコツについて解説します。

 

可能な限り返済した状態で申し込む

まずは、おまとめローンに申し込む前に、出来る限りの返済をしておくことです。この時、出来る限り「借入額の少ない金融機関」から優先的に繰り上げ返済を行い、借入件数を少なくしておくことが重要です。

 

既存の借入額が多い、つまりおまとめで借り換える金額が多いほど審査は厳しくなります。さらに、複数の金融機関から借金をしている場合、その件数が多いことも問題となります。上記の例で言えば、仮に20万円をまとめて返済できる場合、20万円借りている金融機関に一括返済を行いましょう。結果として残額80万円であることは変わりませんが、「2社から80万円借りている」ことと「3社から80万円借りている」場合では、前者のほうが審査に有利です。

 

おまとめローンに申し込む

次は「おまとめローンに申し込む」ということです。何を今さら当たり前なことを、と思われるかもしれませんが、場合によっては勘違いをしてしまう可能性があるのです。

 

問題となるのは「普通のキャッシング」と勘違いしないことです。金融機関では、おまとめローン以外にも数多くの金融商品を取り扱っています。おまとめ目的で利用したいのであれば、金融機関が「これは、おまとめ目的で提供している」と明言しているローン商品を選ぶことです。

 

もし、おまとめ目的で、おまとめ目的ではないローン商品に申し込んだ場合、金融機関の審査担当者はどのように評価するでしょうか。おまとめ目的だということは、当然ながら他社で借金をしているということになります。この基本情報は、お金を借りる際には不利な情報となります。

 

ですが、おまとめローンの場合であれば、他社で借金をしていることが前提となりますので、この属性がそこまでマイナスに作用しないのです。もちろん、審査においては借入額や借入件数は重要な比較ポイントになりますが、一般のローンとおまとめローンでは扱いが大きく異なります。

 

消費者金融で借り入れする

最後に「消費者金融を選ぶ」ということです。これは、一般的に銀行と比較して消費者金融のほうが審査基準が低いことに由来します。

 

一般的に、消費者金融は金利が高い代わりに審査基準が低く、審査に通りやすいとされています。つまり、同じ条件で銀行と消費者金融に申し込んだ場合、消費者金融のほうが審査に通る可能性が高くなるということです。

 

ただし、前述の通り「金利が高い」という点がネックになります。おまとめローンはまとまったお金を借りるため、利息もそれなりの規模になります。その際、重要なのは「返済シミュレーション」を行うことです。

 

金利が低ければ良いというわけではない

実は、借金返済において「金利が高い=利息総額が高い」というわけではないのです。利息というものは「年利」であり、つまり借り入れしている金額だけでなく期間に応じて利息が計算されます。そのため、金利が低くても返済期間が長いと、金利が高くて返済期間が短い場合と比較して利息総額が高くなるケースも有るのです。

 

まとめ

おまとめローンの審査は基本的に不利な条件で挑むことになります。しかし、おまとめローンを提供している側はそれを承知でこのような金融商品を提供しています。他社借入額が多いからと、絶対に審査に通らないというわけではありません。

 

少しでも、審査に通るための努力をすることが重要です。少しでも返済し、1件でも借入件数を減らし、自分の属性と相談して金融機関を選び、返済シミュレーションも欠かさないことです。そうした努力をしていれば、審査の担当者にもプラスに受け取ってもらえる可能性があります。