「シンジケートローン」って何?その仕組や特徴を徹底解説

「シンジケートローン」って何?その仕組や特徴を徹底解説

金融関係の情報を調べていると、時折「シンジケートローン」という言葉を目にすることがあります。普段、こうした言葉を目にしたり耳にしたりする機会はないと思いますが「ローン」とついている以上これも金融商品の一形態のはずです。そこで、シンジケートローンの仕組みや特徴について解説していきます。

 

シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、一般的に大型の融資において金融機関が他の金融機関と協調して融資を行う形式です。その特性上「協調融資」とも呼ばれており、集まった金融機関で「シンジケート団」を組織して融資を行います。一般的な「多重債務」とは異なり、一つの金融機関が取りまとめ役になることで、返済における事務的な負担を軽減しています。

 

シンジケートローンの意義

通常、高額な融資を行う場合、融資する側である金融機関は「貸し倒れのリスク」を考慮しなければなりません。一般的なキャッシングやローン契約においても、融資する金額が高額であるほどに審査の基準は厳しくなります。これは、「本当にこれだけのお金をきちんと返済してくれるのか?」ということを見なければならず、延滞や返済不能に陥りそうな人には高額な融資は出来ません。

 

シンジケートローンでは、複数の金融機関が一つの融資契約に関わることで、そのリスクを低減しています。例えば、1000万円の融資があるとします。これを1社で融通すると1社が1000万円のリスクを負いますが、ここに別の金融機関が4社加わり、均等に融資することで1社あたりのリスクは200万円まで低下します。どちらも総融資額が1000万円であることには変わりませんが、金融機関1社あたりの貸し倒れのリスクは大幅に低下することになります。

 

その特性上、一般的に大型の融資において用いられる方法となります。例えば「企業買収資金」「新店出店など事業拡大のための資金」などです。また、新しいエリアにおける事業の拡大においては、その地方の地方銀行をシンジケート団に入れることで金融取引の幅を広げられるといった側面もあります。

 

シンジケートローンの役割

シンジケートローンにおいては、特定の役割が存在します。

 

・アレンジャー

「アレンジャー」は、シンジケート団を取りまとめる主幹事の役割を担います。アレンジャーは、融資における条件の調整を行います。

 

・エージェント

「エージェント」は、融資を行い、返済中の際の事務代行を担います。通常は、アレンジャーを務めた金融機関がそのままエージェントの役割を担います。エージェントは契約の管理を行い、元利金の受け渡しなどの返済にかかる事務一般を担うことになります。これにより、借り主は複数の金融機関からお金を借りていながらも、金融機関数の多さによる事務的な煩雑さに苦しめられることがありません。

 

シンジケートローンのメリット・デメリット

シンジケートローンのメリット

・多額の融資を受けやすくなる

借主側のメリットは、何と言っても「多額の融資を受けやすい」ということです。通常、金額の高い融資は審査が厳しくなりますが、複数の金融機関が協調して出資する形式のシンジケートローンの場合は貸し倒れリスクが分散され、低めの審査基準で高額な融資を受けられます。

 

・事務的な負担が少ない

また、シンジケートローンは「事務的な負担が少ない」という点もメリットとなります。通常、複数の金融機関からお金を借りる場合、それぞれの金融機関で審査に通り、お金を借りたあとはそれぞれの金融機関に返済を継続することになります。

 

シンジケートローンの場合、アレンジャーおよびエージェントがシンジケート団を構成する金融機関の取りまとめ役となるため、借り主は各金融機関とやり取りすること無く、アレンジャーやエージェントとのやり取りで一連の取引を完了させることができます。

 

シンジケートローンのデメリット

・金利とは別に手数料がかかる

シンジケートローンのデメリットは、第一に金利とは別に「手数料がかかる」ということです。これは前述のアレンジャーやエージェントに支払う手数料のことで、相場としては金利の5%程度であるとされています。つまり、返済にかかる費用が増加するということになります。

 

・トラブルのリスクが有る

次に「トラブルのリスク」です。シンジケートローンの場合、金融機関はシンジケート団を組織しますが、これは各金融機関の多数決で行動が決められます。そして、何かあった時にはシンジケート団としての意思表示として借り入れが停止されることがあるなど、金融機関ごとではなくすべての金融機関がひとまとめの扱いになります。何かトラブルがあった時の影響力が大きすぎます。

 

まとめ

いかがでしょうか。シンジケートローンは複数の金融機関からまとめてお金を借り入れすることができる反面、手数料がかかり、いざという時のダメージが大きくなるというリスクを含んでいます。シンジケートローンを利用する際には、そうしたメリット・デメリットをすべて理解した上で運用する必要があります。