資金繰りを手助けする「ビジネスローン」とは何か?

資金繰りを手助けする「ビジネスローン」とは何か?

個人で事業を行う場合、どうしても資金繰りに苦労することになります。事業を進めるための道筋は立てられても、それに必要なお金を用意するのに苦労するということは頻繁に発生します。そんな事業向け資金を調達する方法として、ビジネスローンについて解説します。

 

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業者を対象とした金融商品のことを言います。基本的に「事業目的の融資」となると銀行が貸主となることが多いのですが、最近だとノンバンク(銀行以外の金融機関)が提供するビジネスローンが多く存在します。

 

一般的なカードローンやキャッシングは、個人を対象とするものがほとんどです。いわゆる「カードローン」「フリーローン」と呼ばれるものがそれであり、基本的に資金使途は問われないのですが例外として事業資金や投資資金は対象外となっています。ビジネスローンは、カードローン等が対象外にしている事業資金目的での借り入れを基本とする金融商品なのです。

 

ビジネスローンの特徴

総量規制の対象外

まず、ビジネスローンは「総量規制の対象外である」という点が特徴となります。通常、基本的のその対象外になる銀行の借り入れは除外して、消費者金融からの借り入れは総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借り入れできないという規制がかかります。

 

しかし、総量規制は「事業資金としての借り入れ」をその対象外としています。つまり、事業資金を消費者金融から借り入れする場合、年収の3分の1という規制に関係なく借り入れできるということになります。ただし、過去に個人向け融資を受けている場合、その時の取引履歴がビジネスローンに影響する可能性があります。

 

民間のビジネスローンのメリット・デメリット

ビジネスローンのメリット

・即日融資が可能なところもある

ビジネスローンと言うと、民間の金融機関のうち、銀行を除外したものを言うことが多いです。その条件下で言えば即日融資が可能なところがある」という点がメリットとなります。

 

即日は無理でも、消費者金融のビジネスローンは金融機関の事業向け融資と比較して早めに審査結果が出るところが多いです。事業資金を急ぎで必要とする人にとってメリットが大きいと言えます。

 

・利便性が高い

次に、融資可能タイミングの早さ以外にも「利便性が高い」というメリットもあります。民間の金融機関でビジネスローンを利用する場合、銀行のそれよりも振込融資のサービスが有るなどの利便性の面でメリットがあります。

 

・銀行の融資より消費者金融のほうが審査に通りやすい

銀行の事業者向けローンと比較すると、消費者金融のビジネスローンのほうが「審査に通りやすい」という点がメリットになります。一般論として銀行絵系の融資と比較すると、消費者金融の融資のほうが審査基準は厳しくないと言えます。そのため、銀行の事業系融資に通らなかった事業主でも消費者金融のビジネスローンであれば通る可能性があります。

 

ビジネスローンのデメリット

・金利が高め

まず、「金利が高い」という点がデメリットになります。消費者金融のビジネスローンは審査基準が甘い代わりに、金利が高く設定されています。審査には通るものの、支払う利息が高くなり、事業がかなり厳しくなる可能性があります。

 

・融資額が低め

次に、「融資できる金額が低い」というデメリットです。これも銀行と消費者金融の違いの一つで、銀行よりも消費者金融のほうが融資可能額は低めになります。場合によっては消費者金融では十分な融資を受けられない可能性もあります。

 

・「事業主」が「事業資金」としての利用に限られる

ビジネスローンは、「事業主」が「事業目的の資金」としての融資を受ける場合のみ利用できます。ビジネローンですから、基本的に事業目的以外だと利用できません

 

ビジネスローンを利用するにあたって

公的制度および銀行の融資を受けることを念頭に置く

まずは、「公的な制度」および「銀行の融資」を利用することを念頭に置いて下さい。金利が低く、返済にかかる負担が少なくなります。もちろん、審査基準は厳しくなりますが、有利な条件で事業資金を借りることができます。

 

シンジケートローンの利用も視野に入れる

業務目的の資金を借り入れるとなると、場合によっては「シンジケートローン」の利用を視野に入れる必要もあります。シンジケートローンは複数の金融機関が一緒になり、多額の融資を受けることができる可能性があります。

 

シンジケートローンは、事業者向けの多額の融資を取り扱っています。シンジケートローンは、複数の金融機関が融資を行いますので、各金融機関のリスクは低減され、融資を受けられる可能性が高くなります。

 

まとめ

ビジネスローンは、同じ属性を持つ存在として銀行の融資のほうが有利ですが、消費や金融の金融商品のほうが融資を受けやすいです。しかし、消費者金よりも銀行や国の制度の方が審査基準が厳しく、場合によっては消費者金融しか利用できない可能性があります。ご自分の事業に最適な金融商品を選択してください。