「多目的ローン」って何?目的ローンやカードローンとの違いを理解しよう

「多目的ローン」って何?目的ローンやカードローンとの違いを理解しよう

現在、金融機関ではさまざまなローン商品を提供しています。それぞれに特徴があり、同じ「お金を借りる」ことでも自分にとって最適なローンを選ぶことが重要です。そんなローン商品の中に「多目的ローン」というものがありますが、これはどのような金融商品なのでしょうか?

 

今回は、多目的ローンの特徴や、「目的ローン」「カードローン」との違いについて解説します。

 

多目的ローンとは

まずは、多目的ローンについて解説します。

 

多目的ローンとは何か?

多目的ローンとは、資金使途を限定しないローン商品のことを言います。別名「フリーローン」とも言います。その特徴は、目的ローンとの対比でわかりやすくなります。

 

多目的ローンと目的ローン

目的ローンとは、ローン商品ごとに資金使途を定めているタイプのローンの総称です。例えば、住宅購入資金に充てる「住宅ローン」、自動車の購入資金に充てる「マイカーローン」、教育資金に充てる「教育ローン」などが代表的な目的ローンとなります。

 

住宅関連の費用を借りたい場合は住宅ローンを、自動車の購入資金に充てたいのであればマイカーローンを選択する必要があります。目的ローンの場合、そのローン商品の資金使途に合わない目的でお金を借りようとしても審査に通りません。

 

多目的ローンは、事前に資金使途が限定されておらず、お金が必要になるさまざまな理由で利用できるローン商品です。まさに多目的に名前にふさわしく、例えば「結婚資金」「家具の購入資金」「引越し費用」といった、ある程度まとまったお金を必要とする場合に多目的ローンを利用できます。

 

多目的ローンの特徴

次に、多目的ローンの特徴を解説します。

 

・資金使途が限定されていない

多目的ローンの最大の特徴は「資金使途が自由である」ということです。住宅ローンやマイカーローンのように、そのローン商品ごとに資金使途が厳格に決められているわけではなく、さまざまな理由でお金を必要とする場面において役立ちます。

 

ただし、資金使途が自由であるとしても、その資金使途を説明する必要があります。多目的ローンの審査においては、「見積書」「契約書」のように、何にどれだけのお金を必要とするのかということを説明しなければなりません。

 

また、各金融機関ごとに細かく異なりますが、いくつかこの多目的ローンで利用できない資金使途があります。まずは「日常の生活資金」です。これは前述の「資金使途の説明」において支払先が複数になり、見積もりも取りづらいためこれを利用できません。次に「事業性資金」です。これは「ビジネスローン」を利用する必要があります。次は「投機性資金」です。例えば投機性の住宅購入資金であれば「アパートローン」を利用する必要があります。他には「他の金融機関からの借り換え資金」や「見積もりや契約書を用意できない資金使途」なども含まれます。

 

・金利が高め

次に、目的ローンと比較して「金利が高めである」という点です。目的ローンと比較すると、資金使途が自由な分だけ高い金利を設定されていることがほとんどです。その分、返済に必要な支払利息の総額が多くなりますので、事前にきちんとシミュレートしておきましょう。

 

多目的ローンとカードローンの違いは?

次に、「カードローン」との違いについて解説します。

 

資金使途が自由であるという点は一致

まず、多目的ローンにしてもカードローンにしても、「資金使途が自由である」という点は一致します。その点で言えば、カードローンも多目的ローンの一つであると言えますが、多くの点で異なる特徴を持っています。

 

追加借入可能、生活費などにも利用できる

カードローンの場合、多目的ローンでは利用できない「生活費」などの資金にも利用することができます。カードローンでは審査に際して資金使途を説明する必要がなく、借り入れするたびに審査を必要としません。

 

多目的ローンなどのローン商品は、一度借り入れしたらあとは返済し続けるだけとなります。同じ契約で追加借り入れすることはできず、その場合はその都度審査を必要とします。一方でカードローンの場合は何かトラブルを起こさない限り、審査すること無く限度額までは何度でも同じカード(契約)で追加借り入れが可能です。

 

審査が早い

また、特に消費者金融のカードローンの場合、「審査が早い」という点も特徴です。ネットやテレビでも「最短30分」という言葉を目にする機会があるかと思いますが、審査申し込みから審査結果が出るまでに30分程度で済むことがあり、その日のうちにお金を借りることができます。

 

金利はさらに高め

そんなカードローンですが、目的ローンや多目的ローンと比較すると「金利がさらに高い」という点がデメリットになります。より利息の支払いに関してシビアな目で見なければならず、借り入れが手軽である反面、返済の負担で生活の質を下げたり、債務整理しなければならなくなる状況に追い込まれるリスクが高まります。

 

まとめ

多目的ローンはさまざまな用途でお金を借り入れすることができますが、目的ローンよりも金利が高く、カードローンよりも不便に感じることがあります。そうした特徴を理解した上で、審査に臨むようにしてください。