困った時は三井住友Visaカードでキャッシング!利用法と注意点!

困った時は三井住友Visaカードでキャッシング!利用法と注意点!

人間、生きている限りお金が必要になります。時には急な支払いに対応しなければならないこともあり、そんな時に便利なのが「キャッシング」です。日本では数多くのキャッシングがありますが、「困った時に!」「いざという時に!」となると有力な選択肢が限られます。そこで、そんな時に便利なカードの一つ「三井住友カード」のキャッシングの利用法や注意点について解説します。

 

三井住友カードの「キャッシングリボ」とは?

三井住友Visaカードには「キャッシングリボ」という機能が付帯しています。通常、Visaカードなどのクレジットカードはショッピングに利用するものですが、キャッシングリボなどのキャッシング機能が付帯し、その機能が有効であればカードを使ってお金を借りることができます。

 

キャッシングリボとは?

三井住友カードのキャッシングリボは、あらかじめ設定してある利用枠の範囲内でお金を借りることができる機能です。借り入れは利用枠の範囲内であれば1万円単位でお金を借りることができます。また、利用枠の範囲内であれば何度でもお金を借りることができるので、いざという時に便利なキャッシング機能です。
ちなみに「リボ」という名前がついているので、これを警戒している人も少なくないと思います。「リボ払い=怖い」というイメージが定着していますが、結局のところは計画的な利用をすれば問題ないわけであって、そのシステム自体を警戒することは正しいとは言えません。

 

通常は別途申し込みが必要なキャッシング

キャッシングと聞くと、多くの人が「消費者金融」でのキャッシングを想像するかと思います。確かに一昔前までは個人向けの多目的ローンは銀行では専門外でしたので、大手消費者金融を中心に少なくない人が消費者金融のキャッシングを利用しています。
その際、きちんと返済してもらえる人であることを確認するために「審査」を行います。最近は申し込み方法が増えているとは言え、新規にキャッシングを必要とする場合はいずれかの金融機関に申し込みをして審査に通る必要があります。
しかし、キャッシングリボであれば新規申し込みおよび審査の必要はありません。三井住友カード申込時に審査をしておくことで、あらためて審査をする必要がありません。ただし、カード申込時にキャッシング枠を設定していない、または利用枠の増加を必要とする場合は、その都度審査を必要とします。あらかじめキャッシング枠を設定して審査に通ることで、普段はショッピングに利用し、いざという時にはキャッシングを利用することができるのです。

 

多くのクレジットカードに付帯するキャッシング機能

実は、現代のクレジットカードの多くに、キャッシング機能が搭載されています。それだけ多くの人がその利便性を認めており、需要があるということになります。一般的なローン専用カードと比較すると融資枠が小さいなどの違いはありますが、よほど急に大金を必要とするような場面ではない限り十分に活用できるはずです。
この記事のテーマにもなっていますが「困った時」に役立つのは、ローン専用カードよりもむしろクレジットカードのキャッシング機能であると言えます。キャッシングを利用することを前提としていないとしても利用枠を設定しておけば、いざお金が必要な場面になったときに新規にキャッシングを申し込むよりも手軽に利用できます。また、新規申込みの際の審査に通らない可能性を考える場合に、そのリスクを避ける意味もあります。

 

自分のキャッシング枠を確認!

既に三井住友カードをお持ちの人の中には、申込時にキャッシング枠を設定していたかどうか忘れている人もいるかもしれません。また、キャッシング枠を利用中の人で、現時点であと何円借りることができるのか知りたいこともあると思います。その場合は、会員専用ページで確認することができます。

 

カード会員専用ページ「Vpass」

三井住友カードのカード会員専用のインターネットサービスとして「Vpass」が用意されています。Vpassを利用する際には、以下のページにアクセスしてください。

 

https://www.smbc-card.com/mem/index.jsp

 

IDとパスワードを入力し、認証用のパズル(1ピースはめるだけ)を完成させてログインします。ログイン後は、以下のサービスを利用できます。

 

  • 登録内容の照会と変更
  • 利用明細の確認
  • 利用可能額の確認
  • ポイントの確認と交換
  • ポイントアップモールの確認
  • キャッシングリボの申し込み
  • キャッシングの利用
  • 利用額の引上げ
  • カード種類の切り替え
  • 追加カードの作成

 

キャッシングリボだけでなく、三井住友カードを利用する上で重要な機能が揃っていますので、ログインのためのIDとパスワードはきちんと管理しておきましょう。ただし、カード会員の年齢次第ではネット上で手続きできないものもありますので注意してください。

 

誰でも申し込みできる?

三井住友カードのキャッシングリボを利用するためには、複雑な条件を満たす必要はありません。基本的に三井住友カードを持っていれば誰でも申し込みは可能ですが、年齢や属性によって利用枠の最大金額が決まっている点に注意しなければなりません。

 

キャッシングリボの利用枠と年齢の関係

三井住友カードのキャッシングリボは、高校生を除く18歳以上であれば申し込みできます(この条件は「クラシックカード」の利用条件と同じ、つまりカードを持っている時点で基準を満たす)。ただし、利用者の年齢によって利用枠が以下の区分に分類されます。

 

  • 学生、またはカード情報が学生になっている人=上限5万円まで
  • 学生を除く未成年=上限30万円まで
  • 65歳〜69歳の人=上限50万円まで
  • 70歳以上の人=上限10万円まで
  • それ以外の人=10万円〜300万円の範囲内(10万円単位)

 

つまり、「未成年」「学生」「高齢者」の場合、キャッシング枠はかなり制限されることになります。逆に20歳〜64歳で学生ではない場合であれば、最大で300万のキャッシング枠を利用できることになります。

 

300万利用できるとも限らない

ただし、年齢と学生ではないという条件を満たしても、最大300万円というキャッシング枠を誰もが利用できるというわけでもありません。銀行や消費者金融のキャッシングやローンを利用する時と同じように「審査」が必要になります。
審査では、年収や仕事の就業形態、他社借入額などの情報を参照して審査の可否を決めます。また、借入限度額にも影響しますので、利用者の条件が良くなければ希望通りの借入額にならない可能性もあります。
その場合、後に「利用枠の増額」を申し込むことをお勧めします。先ほど説明した会員用のマイページから申し込みができます。キャッシングの審査は、そのキャッシングの健全な利用履歴があれば増額申請に通りやすくなる可能性があります。つまり延滞や債務整理などの金融事故無くキャッシングを利用し続けていれば、優良な顧客であると判断してもらうことができ、利用枠の増額が許可されやすくなる可能性があるのです。
ただし、増額の申込みの度に審査が必要になります。この増額や利用枠の設定については最短30分で審査結果を回答してもらえます。急ぎ利用枠の増額を希望する場合、増枠が許可される十分な条件があればその日のうちに増枠したキャッシングを利用できる可能性があります。

 

未成年・学生が利用枠設定の申込みをする場合

三井住友カードのキャッシングリボは、カード作成時に利用枠を設定していない場合でも後に利用枠を設定することができます。その際、インターネットを利用して会員専用ページから申し込むことができるのですが、未成年および学生はインターネットでの申し込みができません。
未成年及び学生の場合、申込書で申し込みを行う必要があります。その際の資料請求はインターネットで可能です。また、申込後の審査状況についても同様に会員ページから可能です。

 

申し込み方法 @インターネット

キャッシングリボの利用申し込みは、大きく分けると3つの方法で申し込むことができます。一つ目は「インターネット」で手続きする方法です。

 

インターネットでお金を借りる方法

インターネットからキャッシングの申し込みをする方法は、大まかに言うと以下の手順になります。

 

  1. Vpassにログインする
  2. 「キャッシングを利用する」をクリックする(ログインと前後するのも可能)
  3. 「お申込みはこちら」をクリックする
  4. 利用額を入力し、「確認する」をクリックする
  5. 申込内容に問題が無いか確認し、「申し込む」をクリックする
  6. 申し込みおよび振り込みについてのメールを確認する
  7. 口座に入金されたお金を(必要に応じて)引き出す

 

インターネットでキャッシングリボを利用するメリット

インターネットでキャッシングリボの申込みをすることの最大のメリットは「24時間いつでも受付している」という点です。時間内であれば即座に入金してもらえますし、時間外あるいは土日祝日の場合でも翌営業日には振り込んでもらえます。時間外でも受け付けだけはしてもらえるので、申込みだけしておいて後で入金してもらうといった方法がとれます。
次に、「ネットが使えればどこでも申込可能」というポイントです。自宅のパソコンや外出先でのスマートフォンなど、インターネット利用可能な場所・状況であれば、どこでもキャッシングの申し込みができます。例えば自宅のパソコンで申し込み、口座からの出金を必要としない目的でお金を借りたい場合、自宅から一歩も出ること無くキャッシングを完了させることができます。

 

申し込み方法 AATM

2つ目の方法は「ATM」を利用してお金を借りる方法です。この方法をさらに分けると「提携金融機関のATM」「コンビニのATM・CD」「提携会社のCD」からお金を借りることができます。

 

提携金融機関のATM

三井住友カードのキャッシングリボは、提携している金融機関のATMで借り入れの申し込みができます。利用可能な提携金融機関は以下のページに掲載されています。

 

全国
https://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_teikeilist1.jsp

 

北海道・東北・関東地区
https://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_teikeilist2.jsp

 

東海・北陸・甲信越・近畿地区
https://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_teikeilist3.jsp

 

中国・四国・九州・沖縄地区
https://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_teikeilist4.jsp

 

キャッシングリボについては、提携金融機関によって扱いが異なります。例えば「借り入れ・返済の両方が可能なATM」もあれば、「返済のみ可能なATM」「借り入れのみ可能なATM」もあります。利用したいサービスと対応する提携ATMについてきちんと確認しておきましょう。

 

コンビニのATM・CD

三井住友カードのキャッシングリボは、コンビニのATMやCDでも借り入れができます。以下のコンビニと対応する機器で借り入れが可能です。

 

  • セブンイレブンの「セブン銀行ATM」
  • ローソンの「ローソンATM」
  • ファミリーマートの「E-netATM」
  • ファミリーマートの「ゆうちょATM」(借り入れのみ、返済不可)
  • サークルKサンクスの「バンクタイムATM」「E-netATM」「ゼロバンクATM」
  • ミニストップの「イオン銀行ATM」「E-netATM」
  • スリーエフの「E-netATM」

 

ただし、セブン銀行ATMとゆうちょATM、イオン銀行ATM以外のATMの場合、ATMの管理銀行によって利用可能なサービスが異なります。また、ローソンやミニストップに設置されているマルチメディア端末は、リボ払いは利用可能ですがキャッシングリボの利用は対応していません。

 

提携会社のCD

最期は「提携会社のCD」を利用する方法です。三井住友カードのキャッシングリボは、以下のステッカー表示のある全国のCDでも利用できます。

 

  • ユーシーカード
  • エムアイカード
  • エポスカード
  • フジ・カードサービス
  • クレディセゾン

 

ATMでお金を借りる方法

利用するATM・CDによって異なりますが、大まかに言うと以下の手順になります。

 

  1. ATM・CDに三井住友カードを挿入する
  2. 「借り入れ」や「出金」など、対応するボタンをタッチする
  3. 暗証番号を入力する
  4. 借入金額および返済方法を設定する
  5. 利用明細と三井住友カード、借り入れた現金を受け取る

 

ATM・CDによる借り入れの特徴

全国のATMやCDからの借り入れの特徴は「現金を直接引き出す方法」というポイントです。対応するATMやCDと三井住友カードがあれば、利用枠の範囲内である限りお金を引き出す事ができます。
インターネットによる申し込みは、基本的に「自分の口座に入金して貰う方法」となります。つまり手元に現金を用意するためには、口座から引き出す必要があります。口座から引き落とすためのお金を借りるのであればインターネットからの申込みで良いのですが、手元に現金を用意しなければならない場合は手っ取り早いです。
また、「急に現金が必要になった時」にも便利です。全国に出店しているコンビニのATMでも現金を借り入れることができるので、外出先で急に現金が必要になった場合でも最寄りのコンビニATMや提携銀行・提携会社のATM・CDがあれば現金を用意できます。対応するATMの種類が多いことも特徴の一つです。

 

申し込み方法 B電話

3つ目の方法は「電話」を利用してお金を借りる方法です。

 

電話でお金を借りる方法

電話でのキャッシングリボの申込みは、以下の手順で行います。手続きが完了すれば、口座に借入額が入金されます。

 

  1. スマートダイヤル24に電話をかける(0120-863724)
  2. サービスコード(2桁)を入力する(申込みは「62」)
  3. 会員番号(16桁)を入力する
  4. 暗証番号(4桁)を入力する
  5. 自動音声案内に従って入力を行う

 

金利や利息はどのくらいかかる?

三井住友カードのキャッシングリボの「金利」は、キャッシング全体から見て高めの水準となります。普段使いのキャッシングとしては割高になるため、どうしても現金が必要になった時にだけ利用するのがお勧めです。

 

キャッシングリボの金利

三井住友Visaカードの一般会員の場合、借り入れるにあたって設定される金利は以下のとおりです。

 

  • 借入額5万円〜90万円=実質年利18.0%
  • 借入額100万円〜300万円=実質年利15.0%

 

この借入額と金利の関係は、消費者金融のそれとほぼ同じ水準となります。消費者金融の金利は銀行の金利よりも高い水準であり、仮に同じ金額を借りるのであれば銀行のカードローンのほうが低い金利で借りれる事が多いです。
特に、まとまった金額を借り入れする場合、返済期間が長くなることで金利の負担も大きくなります。金利の支払いで生活が苦しくなり、またキャッシングリボを利用する、という悪循環に陥ってしまうと、なかなか抜け出せなくなる可能性が高いです。

 

ATMの場合は手数料もかかる

また、借入の方法が「ATM・CD」の場合は、借入額に応じて「手数料」がかかります。かかる手数料は以下のとおりです。

 

  • 借入額が1万円以下=108円
  • 借入額が1万円超過=216円

 

頻繁に借り入れと返済を繰り返す場合、手数料だけでも相応の負担になることが考えられます。そのため、頻繁に借り入れしたい人の場合、手数料のかからない「インターネット」もしくは「電話」を利用することをお勧めします。ただし、ATMを利用する方法と比較して「時間がかかる(可能性がある)」というデメリットがあるので、どうしてもすぐに現金を必要とする場合はATMの利用もやむなしと考えるべきです。

 

金利や手数料を考えると「計画的な利用」が重要になる

消費者金融並みの金利や手数料を考えると、キャッシングリボの利用は計画性が重要になります。手軽にお金を借りられるからと頻繁に利用していては、金利と手数料で相当な金銭的負担を強いられることになります。キャッシングリボの捉え方は「あると便利」であって「無くてはならない」ではいけないということです。

 

返済は無理なく出来る?

最後に、キャッシングの重要な要素である「返済」について解説します。

 

キャッシングリボの最低返済額

三井住友カードのキャッシングリボは、利用枠に応じて「最低毎月返済額」が決められています。利用枠と最低返済額の関係は以下のとおりです。

 

2017年10月2日以降

  • 利用枠10万円以下=最低毎月返済額5,000円
  • 20万円以下=10,000円
  • 50万円以下=15,000円
  • 70万円以下=20,000円
  • 90万円以下=25,000円
  • 200万円以下=30,000円
  • 300万円以下=40,000円

 

2017年10月1日以前

  • 20万円以下=10,000円
  • 70万円以下=20,000円
  • 200万円以下=30,000円
  • 300万円以下=40,000円

 

利用枠が小さければ、最低返済額も小さくなります。最大でも40,000円なので、「無理な返済」になることは少ないと思います。

 

毎月の返済について

毎月の返済は、指定の口座からの自動引き落としの形で返済を行います。以下の2つから指定することができます。

 

  • 支払日を10日に指定する場合=毎月15日に締め切り、翌月10日に自動引き落とし
  • 支払日を26日に指定する場合=月末に締め切り、翌月26日に自動引き落とし

 

臨時の返済

毎月の自動引き落としとは別に、キャッシングリボの借入額を自由に返済することができます。「口座引き落とし」「指定口座への振り込み」「ATMで返済」の3つの方法から選んで臨時返済を行うことができます。口座引き落としの場合はいつもよりも増額しての引き落としという形になりますので、引き落とし指定日に応じて数日前までに申し込みをしておく必要があります。

 

まとめ

キャッシングリボは、「手元のクレジットカードでお金を借りられる」という利便性がある一方で、高い金利は頻繁な利用を抑える要素となります。しかし、急にお金が必要になった時には新規申込みの必要がない(キャッシングリボ未設定の場合は申し込みと審査が必要ですが)カードキャッシングは便利なものであることには変わりません。
ただし、多額の資金を必要とする場合は、安易にキャッシングリボを利用しないほうが良い可能性があります。銀行カードローンや、目的別の低金利ローンを利用したほうが最終的な金銭的負担が段違いとなります。
三井住友カードに申し込む際には、利用するしないに限らず、キャッシングリボ枠を設定しておくといざという時に便利です。本当に「いざという時に使うこと」を前提としておけば、利便性の高いクレジットカードとして役立ってくれることでしょう。