モビット

モビット

即日融資の対応は?

モビットではお借入診断をすると直ぐに借り入れが可能かわかるようになっています。生年月日、年収、他社借り入れ件数を入力し送信するだけです。まずは簡単な診断から試すと時間の無駄が無くなります。
次にお急ぎの方向けの申し込みをしましょう。まずはネットから申し込みをします。必要事項を入力の上送信すると10秒ほどで事前審査の結果が出ます。そして追加情報を入力後送信しましょう。申し込み完了画面にフリーダイヤルが表示されるため申し込み者自身で電話をし確認が終わったら審査に入ります。その後モビット側から連絡があり登録が終了となります。
融資は14:50まで手続きが完了すれば即日振り込み、またはローン申し込み機にて即日カードを受け取れます。ローン申し込み機では予約番号を入力し、本人確認書類を持参しましょう。21時までならローン申し込み機が利用できますが即日審査が確実なのは平日19時までです。
機が利用できますが即日審査が確実なのは平日19時までです。

 

メリットは?

モビットを利用する上でメリットとなる項目を紹介します。
・ WEBのみ完了申し込み
電話連絡なし、WEBのみで完結する申し込み方法があります。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に口座がある方、社会保険証や組合保険証をお持ちの方のみ利用できます。
・ 審査は最短30分
ネットで申し込みローン契約機でカードを受け取ると、21時までの対応が可能です。ただし曜日や審査結果によっては即日とはならないことがあります。
・ ネットで審査結果がわかる
審査状況の確認はネットまたは電話にて順次確認できるようになっています。
・ 平日14:50分までなら振込みOK
希望の口座へ振込みを希望する場合は平日14:50分までに手続きを終える必要があります。

デメリットは?

モビットを利用する上でデメリットとなりそうな項目を紹介します。幾つか細かな注意点があります。
・ WEB完結申し込みの注意点
電話連絡なしでWEBのみで完結できるため便利ですが、三井住友銀行または三菱東京UFJの普通口座を持っていなければ利用できません。審査結果はメールで届くメリットはあるのですが、その代わりカードは発行されないタイプのため銀行振り込みとなります。
・ 消費者金融の中でも金利は高め
消費者金融では最高17%台のところが多いのですが、モビットは18.0%と高めの設定です。他社にはないWEB完結申し込みを利用する方に特におすすめといえそうです。
・ 提携ATM利用は一部利用料がかかる
提携ATMから入金・出金する場合は1万円以下なら108円の手数料、1万円以上は216円かかります。そのほか銀行振り込みによる返済も手数料がかかります。
・ 口座振替の銀行が限られている
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に普通口座をお持ちの方でなければ利用できません。
・無利息期間はなし

申し込みの手順

ネットで申し込みローン申し込み機で利用する方法を紹介します。
@ カード申し込みボタンから申し込み
必要事項を入力し送信すると約10秒ほどで事前審査の結果がわかります。次に追加情報を入力すると審査に入ります。審査は最短30分ほどですが、平日19時までの場合です。
A 審査の開始
審査時間を早めたい方はお急ぎから申し込むと、専用のフリーダイヤルが表示され、自身で連絡するとオペレーターに繋がります。審査が完了すると個人名でオペレーターより電話連絡があります。WEB完結の場合はメールのみの連絡です。
B ローン契約機でカード受け取り
予約番号をメモし、本人確認書類を持参してからローン契約機に行きます。その場でカード発行、即日融資が可能となります。ローン契約機は21時までの営業時間のところが多くなっています。

 

必要な書類は?

申し込み時に必要となる書類は本人確認書類です。また申し込み内容によっては所得証明書の提出が必要です。
・ 本人確認書類
運転免許証がある場合は両面をコピーしたものが必要です。なければ健康保険証またはパスポートも利用可能です。どの書類も無い場合は直接オペレーターに相談できます。いずれも有効期限が切れていないものを使用します。
・ 所得証明書
申し込み金額が高額であったり、審査結果必要だと判断されれば所得証明書が別途必要です。源泉徴収票や所得証明書、給与明細などを用意します。確定申告書や税額通知書でも可能です。給与明細書の場合は2か月分と年間の賞与の額が表示されているものが必要です。自営業の方はこれらの書類のほか営業状況確認書を記載の上提出します。

返済方法は?

モビットで利用できる返済方法を紹介します。3つの方法から選択することができます。
・ 提携ATMより返済
銀行やコンビニなどの提携ATMより返済が可能です。ただし提携ATMの利用の場合は一部利用料がかかります。入出金どちらも1万円以下なら108円、1万円以上は216円必要です。
・ 口座振替
三井住友銀行または三菱東京UFJの口座をお持ちの方が利用できます。手数料は無料で、毎月の返済忘れを防ぎたい方はこの方法が便利です。ほかの銀行からは指定はできません。
・ 銀行振り込みでの返済
ご利用中の銀行口座から振込みができます。この場合振込み手数料は利用者の負担となるため注意しましょう。
無料で返済をするためには指定銀行より口座振替する方法となります。これらの口座を持っていれば申し込み時にWEB完結での方法も可能ですから事前に作ると便利です。

金利・限度額

モビットでの利用限度額、または金利を紹介します。
・ 最高800万円まで
利用限度額は申込者の審査内容、または利用状況により最高800万円までです。利用限度額以内でしたらいつでも利用することができます。また利用中であっても途中で限度額が増減する場合があります。
・ 最高金利18.0%
モビットでは実質年率は3.0%から18.0%となっています。例えば10万円を30日間利用すると18.0%で計算した場合利息は1,479円となります。利用限度額にて細かく金利が設定されているわけではないため、申込者の状況や利用状況により金利が決まります。800万円の限度額があるからといって必ずしも最低金利の3.0%になるわけではありません。
モビットでは限度額に対する金利は明確に表示されていないため、初回利用の場合は最高金利の18.0%を考えてみると良いでしょう。