提出が必要な書類

身分証明書

キャッシングやローンに申し込む際には身分証明書の提出が不可欠です。
本人の確認が取れないとどの業者も貸付をしてくれません。即日融資が可能な無人契約機などに出向く際には忘れないようにしましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険書
  • パスポート

これらの身分証明書で問題ありませんが、できれば顔写真付きのものが望ましいと考えられます。
運転免許証を持っていなければ健康保険証でもOKで、同時に会社名なども確認できるため正式な書類として認められます。
これらの書類が用意できなければ住民票や年金手帳など個人を証明できる書類を幾つか用意することをおすすめします。
本人確認書類は一番重要で、申し込み書の記載事項とあっているか確認するためにも利用されます。
偽装申し込み、嘘の申請をする人を避けるためです。

収入証明書

一定の額以上の融資を希望する場合所得証明書が必要となります。銀行と消費者金融では基準となる額が異なります。

・ 銀行カードローン

総量規制対象外となるため銀行により限度額が異なります。
少ない場合50万円で必要となりますが、最近では消費者金融との差別化をつけるため300万円でも不要な銀行も登場しています。ネット銀行では比較的高額な希望金額でも不要となるようです。

・ 消費者金融

総量規制の対象となるため50万円が基準となっています。
収入証明書は源泉徴収票、給与明細、確定申告書、納税証明書などが対象です。一番良いのは年間の収入が確実に記載されている書類です。
給与明細しかない場合は数ヶ月分必要となります。なお自営業の方は前年度の確定申告書の写しを提出すればよいでしょう。

収入証明書が不要の場合もある

収入証明書が不要となるケースは、申し込み金額が50万円以下のときです。
しかし金融業者によっては多少条件が異なるため、申し込み前には必ずチェックしてください。
消費者金融の場合は50万円の限度額が多く、銀行のカードローンでは100万円や300万円まで不要な場合もあります。
申し込み前には必ず「収入証明書不要」と書かれていることを確認してください。ただし申込者の状況によっては別途収入証明書が求められることがあります。
複数の借り入れが既にあり、希望金額が高額になる場合や総額が収入の3分の1以上になる場合はその限りではありません。借り入れ状況、属性などでも多少変更されます。
比較的利用しやすいのがネット銀行のカードローンで、専業主婦でもOK・収入証明書が50万円までOKとしている業者です。
他社の借り入れが無いなら提出は不要でしょう。

 

すぐ借りれる消費者金融一覧はコチラ>>