審査で気を付けること

安定した収入があるか?

キャッシングやローンの審査で重要とされるのが年収の高さではなく、安定した収入があるかです。
ここを勘違いして嘘の申告をすると審査に通らなくなるため注意しましょう。
安定した収入とは最低でも1年以上同じ場所で働いていることを意味します。
これ以下だと絶対に審査に通らないとはいいきれませんが、最低でも1年は必要でできれば3年から5年以上がベストといえます。
年収の高さは利用限度額が高くなるための要素であり審査基準ではありません。
安定した収入が継続的にある人は、真面目な人と判断できますし、返済できる能力もあることがわかります。
何よりも金融業者は返済してくれなければ困るため、勤務年数でも信用度を調べています。
安定した収入とは額よりも働いている長さが優先されています。

他に借り入れがないか?

他社からの借り入れ件数は、総量規制が関係してくるため重要としている金融業者も増えています。
特に消費者金融では年収の3分の1までしか貸付はできないため、件数が多いと審査に通らないことがあります。
もちろん審査が厳しいといわれる銀行でも数が多いのは当然審査が難しくなります。
他社の借り入れは無いのが一番ですが、もしあっても1から2件程度、3件なら許容範囲の業者もありますが4件以上はまず難しいでしょう。
また借り入れ総額でも審査は影響するため、申し込みする前にできるだけ完済を目指してください。
それが無理なら件数だけでも減らせば審査に有利となります。
注意したいのがおまとめローンです。件数を減らすためだけに利用すると、ルール違反となり新たな借り入れが見つかった時点で解約されることもあります。
1社にまとめる場合はしばらく借入をしないよう気をつけましょう。

滞りなく返済していたか?

過去の返済状況は細かくチェックされています。他社の借り入れは1社や2社程度なら許容範囲ですが、その借り入れのなかで滞りが見られると融資を断られる率が高まります。

  • 過去に3ヶ月以上滞納した
  • 債務整理の経験がある

これらは要注意です。
滞納すると信用情報機関に記載されるのはおよそ3ヶ月以上の滞納の場合です。1ヶ月滞納したくらいではほとんど大丈夫でしょう。
一度掲載すると数年から長くて10年くらい載るといわれるため注意してください。
債務整理も10年など長い間情報が掲載されるため、過去に経験がある方はしばらくの間新たな融資が受けにくくなると考えてください。
ただし過去に借り入れがあってもきちんと返済した場合は逆に有利となるため、借入した履歴は特に問題はありません。

 

すぐ借りれる消費者金融一覧はコチラ>>